【乾燥肌対策】乾燥からくる顔の粉ふき、皮むけの対処方法は?

日焼けもしていないのに皮がめくれてきたり、特に気温が低い季節には粉が吹いてメイクノリが悪く感じてしまう経験はあるのではないでしょうか。

肌の皮膚は約28日周期で自然に生まれ変わるものなのですが、うるおいを失った乾燥した肌は過酷な状況になり粉がふいたり皮がめくれてきます。

この記事では乾燥からくる粉吹き、皮むけについて引き起こされる要因と対策をご紹介していきますので、ぜひ参考にされてみてください。

顔の粉ふき、皮むけとは?

粉ふきと皮むけは皮膚が乾くことで皮膚同士をつなぎ留めておく水分がないのでそのままめくれていきます。そこでなぜ皮膚は必要以上に乾いてしまうのでしょうか。

粉ふき、皮むけはなぜ引き起こされるのか

粉吹きとは角質層が乾燥することで粉のようにざらっとした肌質のことで、皮むけとは皮膚が乾燥しところどころ乾いてめくれてしまう肌質のことをいいます。

引き起こされる要因はストレスから血流の流れが悪くなり、栄養を肌に運べなかったり体温が低いとスキンケアの浸透が悪いため乾燥します。

食べたものは脳や心臓から届き最後に肌にいきわたるので食生活が乱れていると栄養のないものばかりで肌が作られるため、肌構造が乱れ乾燥してきたり睡眠不足で肌が作られにくいなど細かな要因から始まります。

これらが知らず知らずのうちに不健康な肌細胞ばかり肌内にためこまれると機能がうまく働かないので、うるおいが必要以上に失われ乾燥するために起こります。

肌は細胞から作られており約28日周期で生まれ変わります。

肌内にうるおいが不足していると異常に早いスピードの周期で肌上部へと押し上げられるため、育っていない未熟な細胞が直ぐ剥がれ落ちていくことで健康な肌構造を作り上げることができません。

肌内にうるおいをためる力もないので刺激を受けやすくひどく乾燥し次第に粉ふき皮むけが起こります。

皮膚が薄い部分は起こりやすい

目元や口元は他の皮膚よりとても皮膚の層が薄く皮脂腺が少ないため、乾燥しやすい部分なので何かの刺激があれば直ぐトラブルとして出てきます。

メイクを落とす際ついつい力を入れて落としていませんか?しっかりメイクを落とそうとゴシゴシ触れば肌に負担がかかり乾燥しやすくなります。

たっぷりクレンジングを肌になじませメイクを浮きだたせてから、優しく力を入れずすべらすようになでると負担がなく行えます。

粉ふき、皮むけを引き起こさないようにするには

粉がふいて皮がむけている肌はメイクでもカバーしにくいので美しくありません。そうならないよう未然に防ぎましょう。

肌のうるおい力を上げる

肌内がひどく乾くことで起こるので、まず肌の土台作りをするためうるおいをためこむ力を上げる必要があります。

乾燥している肌は代謝が乱れ肌を守る機能が低下しているため皮脂腺や汗腺が上手く働かず、肌表面に天然のクリームといわれる皮脂が作り出されにくいので無防備な状態になり表面が乾きます。

粉が吹いて皮がめくれている段階は肌が敏感になっていて乾燥しているので、ケアせずそのままにすればシワやたるみなど2次肌トラブルが起きるため保湿力の高いクリームタイプの使用がこの段階の肌には適しています。

痒みが伴う場合は敏感肌用のクリームを使用しそこまで進行していない場合は、セラミドやヒアルロン酸配合のクリームを選びましょう。

肌に刺激を与えない

皮膚が乾燥すると肌内にある神経が肌上部に押し上げられてくるので痒みを感じやすくなります。

その際、力を入れてかくと皮膚がめくれやすくなりさらに痒みが出たりうるおいが逃げやすい肌状態になるので力加減には十分注意しましょう。

また皮膚をキレイにしようと古い角質を取り除くピーリングを行うと一瞬肌がキレイになりますが、一瞬で肌が無残な状態になるのでめくれかけている角質を取り除く工程はこの段階ではせず保湿を中心に与えるケアがいいでしょう。

肌にも栄養のある食べ物をとる

肌の細胞は毎日食べている物から作られます。

スナック菓子や添加物が多く入ったものばかり食べていると身体の免疫力が下がり肌に栄養がいきわたりにくいので、健康な細胞が生まれず肌内のうるおい層はスカスカ状態になります。

忙しいとなかなか自炊できなかったり3食バランスの整った食生活は難しいですが、できるだけ緑黄色野菜を多くとるなどして食も見直していきましょう。

ストレスをためない、質の良い睡眠をとる

身体はストレスを感じると血流が悪くなったり活性酸素といって肌を老化させやすいので、できるだけストレスをためこまないようリフレッシュしましょう。

また健康な肌細胞は寝ている時に作られるので、できるだけ日が変わる前までに就寝することを心がけましょう。

ケア方法

気になる部分に保湿力の高いクリームを重ねづけし手で温めるように肌内に浸透させましょう。

こっくりしたクリームタイプはつける時肌を引っ張りがちになるので、痒みが出ていたり赤みが出ていればなるべく肌に負担がかからない方が良いです。

クリームの中に肌用オイルを少したらしてつけるとすべりがよくなり皮がめくれている部分にも負担なくつけることができます。

まとめ

肌の乾燥は誰にでも起こりうることなので日ごろから乾燥しないような肌作りを目指しましょう。

また通常のスキンケアで補いきれない場合やかゆみがひどい場合は皮膚科に相談するなど早めに対処することが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です