50代の保湿化粧水!おすすめと失敗しない選び方!

「ちゃんと化粧水をつけているのに乾燥肌になってしまうんです。どうしたらいいのですか?」

「何か50代に合う保湿化粧水ってないですか?」

こういった質問をよくいただきますが、50代になるとお肌の機能が弱ってきて、保湿化粧水の効果を実感できない人が多いみたいですね。

実際、年齢を重ねたお肌にはシンプルなスキンケアではお肌が満足しません。

今回は、50代の肌におすすめの保湿化粧水をランキング形式で紹介していきます。

50代のお肌はどのような状況かを理解し、それぞれの悩みを予防・改善できるような、お肌に適した成分が配合されているかで選んでいきましょう。

※高い商品を使えば良いということではないので注意してくださいね。

50代の失敗しないスキンケアの選び方とは

うるおいが減少してくる50代のお肌は、表皮の皮膚が乾いてめくれやすくなっているので、その間から紫外線が入りやすく真皮まで刺激が加わり、コラーゲンエラスチンがダメージを受けお肌がたるみやすくなります。

角質層内に水分を貯めておくケアも必要ですが、それだけでは土台が弱まっているお肌はすぐにたるんできます。そのため、真皮までケアしてあげることが一番適しています。

真皮層までケアできるもの!?

肌のしなやかさが失われているのは肌が老化しているからです。

肌老化を食い止めるためにも選ぶスキンケアの中には

保湿力の高いものか
真皮層までしっかり守れる美容成分が入っているか

が重要です。

コラーゲン

真皮のシワを改善していくためには肌の土台となっているコラーゲンを増やすことです。

ポイントなのは、コラーゲン配合であればどれでも良いというものではありません。

コラーゲンにはさまざまな種類があり、分子も大きいので年齢を重ねた肌には浸透しにくいです。

そのため、なじみやすいフィッシュコラーゲンなど低分子のコラーゲンのものを選びましょう。

コラーゲン+αが必要です!!

そして、よりコラーゲンを浸透させるためには、相性が良い成分も一緒に配合されているか確認しましょう。

ビタミンC誘導体やシワの改善にいいレチノールも補うと、相乗効果を発揮し進行を遅らせてくれますのでぜひ取り入れたい成分ですね。

セラミド配合

またセラミド配合のものを選びましょう。角層内にうるおいを溜め込む力が高いのでオススメです。

50代必見!!おすすめ保湿化粧水ランキング

50代に向けたスキンケアのポイントは

肌内に素早く美容成分を浸透させる力があること
ハリ、つやに関連した美容成分が配合されていること

大きく分けてこの2点です。

下記にて浸透率が高いと判断したスキンケアを中心にご紹介していきます。

50代のおすすめ化粧水簡単比較

総合評価 1位 2位 3位
商品名 ファンケルBC化粧液 資生堂プリオールマスクイン化粧水 ランコムレネルジーMローション
商品画像
しっとり感
肌なじみ
さらっと感
おすすめ度
価格

(1mlあたり95円)

(1mlあたり18円)

(1mlあたり40円)

公式ページ

1位 ファンケル BC化粧液

販売元 ファンケル
内容量 30ml
価格 2,857円(税抜)
しっとり ★★★★★ 5点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 △(1mlあたり95円)

ファンケル BC化粧液は、化粧水でなく化粧液と名乗るだけあって、美容液のような深みのある濃厚なコクがありますね。

試しに使用を継続したことがありますが、どんなにお肌が乾燥していてもまるでうるおいの膜が張られたように、なめらかなお肌を作り上げてくれます。そんなところが、とてもオススメですよ。

お肌にのせるとお肌の温度でなめらかになり、ひっかからずスーッと伸びるのも心地が良かったです。

私にとっては堂々の1位でした♪

☆おすすめポイント

プッシュ式ですので使用目安量がわかりやすく使いやすいです。

また、年齢肌スキンケアとしては他と比較してもとてもお手頃価格なのに、無添加で肌細胞にも優しく肌実感もあると、とても人気なのがファンケルスキンケアです。

コラーゲンの中でもお肌になじみやすいとされるフィッシュコラーゲン配合ですので、モチッとした使用感で高い保湿と柔軟性を与えてくれます。

BC化粧液の特徴でもあるコラーゲンですが、肌内に余分なものの蓄積で吸収を邪魔されないよう、古くなったコラーゲンを捨てて、新しいコラーゲンを生み出す力に着目した商品です。

そのため内側からハリのあるふっくら肌を目指せます。また、生み出す力以外にも素早くなじむカプセルとゆっくりなじむカプセルの配合により、うるおいを速効的で持続的に肌内へと届けてくれる点がおすすめポイントです。

☆口コミ☆

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でファンケル BC化粧液を使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

51歳女性:愛用歴1年
51歳女性
『シミが薄くなった。』

乾燥が強くなる時期の夜のみ使用しています。とろみのある化粧液で、化粧水の後に目元口元に優しくマッサージをするように塗り込んでいます。

ひどい乾燥肌なので乾燥対策で購入しましたが、目元にあったシミが薄くなりとても驚きました。もちろん、乾燥対策にも抜群に効き、潤いのある肌になります。

53歳女性:愛用歴1年
53歳女性
『乾燥肌が治った』

化粧水を使用しても肌が乾燥してしまって本当に痛いですし常に乾燥していて困っていました。

実際にお風呂上りなどすぐに乾燥しないように霧吹きでこの商品を吹きかけ、その後に普通にスキンケアをします。

そうすることでしっかりと乾燥することなく肌に浸透しています。私は化粧をしても肌がよれることがなくなりましたし本当にこの商品に出会ってよかったです。

58歳女性:愛用歴2か月年
58歳女性
『乾燥肌がしっとりやわらかくなりました。』

メイク落としや洗顔などもファンケルシリーズを愛用していますが、なかでもBC化粧液のとろみが好きです。これひとつで、乾燥肌の私でもしっかりと肌の潤いを感じられるくらいしっとり感が1日持続します。

そして、使う前より明らかに肌がやわらかくなりました。これからお肌が乾燥する時期に入るので、BC化粧液でしっかり潤いをキープしたいと思います。

55歳女性:愛用歴2年
53歳女性
『肌にハリがでてきた』

ジェル状になっているので肌に馴染みやすくてハリがでてきました。

いままではさらさらしたタイプの化粧水を使っていたのですが、ジェル状を初めて使用してみたらつけてから乾燥もしなくなり、うるおいが持続して私の肌にはぴったりで、肌の状態が良くなりました。

2位 資生堂 プリオールマスクイン化粧水

販売元 資生堂
内容量 160ml
価格 3,000円(税抜)
しっとり ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★★ 5点
価格 ◎(1mlあたり18円)

☆おすすめポイント

こちらもプッシュ式ですので目安量が判断しやすくまたアロマブーケのほのかな香りでリラックスしながらケアができます。

使用感は少しとろっとした感触ですが塗布後はすぐサラッとしてなめらかな肌になります。

ハリ感を高めるために欠かせない加水分解コラーゲンや水分保持力がとても高いヒアルロン酸が、肌内へ浸透しやすいように保湿注入と密封保持になっているのでケア後はまるでマスクをした後のように、顔全体がしっとりする感じがあります。

配合されているシルクプロテインGLにはセシリンやグリセリンが含まれているので、キメが整い透明感とハリやツヤが期待できます。

☆口コミ

今回はcrowdworks(クラウドワークス)で資生堂 プリオールマスクイン化粧水を使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

52歳女性:愛用歴3ヶ月
52歳女性
『しっとりする』

本当にうるおいます。本当にシートマスクをしたあとのような、しっかりとうるおった肌になるので、特に乾燥したと感じた日には多めに使って保湿をします。肌トラブルが以前よりも減ったような感じがしています。

54歳女性:愛用歴1年
54歳女性
『しっとりして乾燥しない』

肌に浸透しやすく、嫌なベタベタ感がないので使用感がとてもいいです。

この化粧水を夜使うと次の日までずっとしっとりモチモチしていて、冬でも乾燥しなくなりました。

少し前から気になっていた小じわも目立たなくなり、友達からも肌が若返ってると言われました。

57歳女性:愛用歴3年
57歳女性
『自信が持てる!』

母に誕生日に送られて来て使用したのがきっかけで愛用しています。

使うと肌に透明感が戻って来たような感じがして、輝きを取り戻したような気がしています。肌触りもツヤツヤで若返ったような感覚に。

年齢も年齢なのでお肌に自信がなかったのですが、こちらを使ってから周りに肌が綺麗、前より笑顔が増えた気がする、と言われるようになりました。

54歳女性:愛用歴6ヶ月
54歳女性
『パック不必要』

この商品を使用すると肌がミズミズしくなります。

今までであれば化粧水などもした後にパックをしていたのですがこちらの商品はパックをしなくてもきちんと保湿されていて肌がしっとり、潤いが肌の中まで浸透して翌日までしっかりと潤っています。

なので乾燥は一切気にならなかったです。

3位 ランコム レネルジーMローション

販売元 ランコム
内容量 200ml
価格 8,000円(税抜)
しっとり ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり40円)

☆おすすめポイント

ランコムの中で、エイジングケアができるのがこのレネルジーシリーズです。

とろっとした使用感がお顔全体に伸びやすく、べたつきもないので心地よく使えます。またフローラルフルーティの香りはクセがないのでリラックスしながらケアができます。

浸透力が高いのはもちろん、次に使うケアを効果的に高めるために肌内と肌表面を潤すことが得意な化粧水です。たっぷり潤しながらエイジングケアを望む方に向いています。

☆口コミ

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でランコム レネルジーMローションを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

56歳女性:愛用歴1年
56歳女性
『肌の調子が良いこと。』

他の商品と比べると、特に夏場はベタつきを感じないので、付け心地がとてもさっぱりしていて気に入っています。

それでいて、乾燥部分をきっちり潤してくれるので、肌トラブルがなく、翌日の肌のコンディションがいいため、化粧乗りがよくてとても助かっています。

51歳女性:愛用歴2年
51歳女性
『乾燥肌が治りました。』

年中通して乾燥肌。それが大きな悩みで色んなものを試してきて、たどり着いたのがこの化粧水でした。

しっとり系の化粧水はベタベするものが多いのですが、こちらそんな感じは無く、肌にぐんぐん染み込んでいく感じがします。おかげで今では、しっとり潤った肌になりました。

52歳女性:愛用歴2年
52歳女性
『肌がしっとりして、滑らかになりました。』

乾燥肌に肌質が変わり始めた30代からのエイジングケアにいいかなと思い使い始めました。

しっとりとしたとろみのあるローションが、カサカサだった肌にすっと浸透していくのがわかり、ガタガタしていた肌表面が使い続けることで、滑らかに整った感じがします。好みの香りも気に入っており、これからも愛用するつもりです

54歳女性:愛用歴6か月
54歳女性
『若返りました』

年齢に対して老けて見られることが多くそれが本当に嫌でした。肌のくすみやニキビ跡などは今までの商品では消えることはなかったですし、保湿しているだけといった感じでした。

ですがこの商品を使用してから肌がしっかりとしたというかハリが出てきて、目の周りのくすみも薄くなりました。

★こちらのランキングもチェック

⇒敏感肌におすすめの保湿化粧水はこちら。
⇒ニキビに効く保湿化粧水はこちら。

50代の肌って何!?

若々しいお肌の特徴であるツヤ・ハリですが、年齢を重ねたお肌に出るシワやたるみは一気に老けたように見えがちです。

では、そんなシワやたるみは50代になると、お顔のどの辺りに表れてくるものかご存知ですか?素肌を鏡で見てじっくり確認してみましょう。

50代はシワやたるみはどんなところに表れる!?

これらが50代になると、肌に表れてくるといわれており多くがシワから始まり、それが深くなることでたるみへとつながります。

詳しく分けるとシワは3つに分かれます。

→ちりめんジワ(小ジワ)

目元にできる浅いシワのことで、肌にスキンケアでうるおいを与えれば肌が回復します。

→表情ジワ

目元口元額など、笑った時など表情を作る度に特に薄いとされる皮膚の部分が、何度も折り返されて跡が付き肌にシワとして出てきます。

これらは、真皮にあるコラーゲンの質と低下により、何度も折り返された部分が戻らなくなるからです。

→真皮ジワ

表情ジワが進行したものなので、表情がない時でもシワが目立ってきます。

ここまでくると、スキンケアのうるおいだけではシワを改善できないので、これ以上シワを深くさせないようなケアは必須でしょう。

上記の3つに分けたシワの中でも、特に「真皮ジワ」が50代のお肌にはくっきりと表れやすいです。

表皮、真皮、皮下組織の3構造に分かれており、50代頃になると何だか肌のツヤや透明感、ハリやなめらかさがなくなってきたなと感じることはございませんか?

それは、お肌の一番下にある真皮層までダメージを受け、改善する力が低くなっているからです。

免疫力が低下することで、新しい肌細胞を生み出す力も弱くなっています。そのため、健康な肌作りがうまくできず刺激を受ければすぐにダメージを受けてしまいます。

真皮層の機能が弱まると、上記のようなトラブルが起きますので改善できるケアを含めましょう。

保湿ケアだけではシワ、たるみは改善されない

スキンケアはうるおいを与えるケアであると思われがちですが、それは20代のようなお肌に適用される一番シンプルなケアです。

肌表面のしなやかさが失われ、目元や口元のシワやたるみが表れているお肌には、真皮層の細胞が弱まっているので角質層内のうるおいケアだけでは、肌表面のしなやかさまでは全く改善されません。

そのため、年齢を重ねたお肌には高い保湿力はもちろんのこと、それにプラスして真皮層のケアができる美容成分配合の化粧水が求められます。

保湿をすればよいという声が多い理由として「シワやたるみは乾燥からきている」と思われがちなので、商品を選択する際には保湿のものにしか目がいかず、お肌の悩みに適したスキンケアの選択ができないのです。

確かに乾燥からくるものもありますが、それには条件がありお肌の悩みとしては小じわのみです。

など、一時的か継続的かで小じわかシワの区別ができます。

これらを踏まえてあなたの肌はいかがでしょうか?

もし継続的に肌表面に出るのであれば、それは間違いなく真皮層の弱まりからきているので、それに適したスキンケアを選ぶことが望ましいでしょう。

50代のおすすめのケア方法とは

時には集中マスクケア

水分と油分を抱え込むことができるラメラ構造が、正しく整列できなくなると毎日いくら保湿力が高いスキンケアをしても、肌表面に浮いてしまい意味がありません。

浸透させることが大切ですがもし、特別の日があるときや早い肌実感を求めている際にはとてもオススメな方法があります。

それは、うるおいをしみこませた「集中マスクケア」です。

いつもお使いの化粧水をコットンにしみこませ、頬や額など浸透を高めたい部分にのせ5分ほど経ったらお顔からはがしましょう。この方法は、瞬時になめらかなお肌にしてくれます。

顔の筋肉を鍛えてみよう!!

顔の皮膚の表情筋は、皮膚とくっついているので顔の筋肉も鍛えるとたるみにくくなります。

目元は目を細めたり、開いたりすることで目の周りの筋肉が動きます。

口元はひらがなの「お」をイメージし、大きく開いた口角を内側にすぼめたり戻したりすることで筋肉が動きますので、鏡を見ながら行ってみましょう。

まとめ

肌の細胞は生きているので、シワやたるみなどの悩みに合った保湿化粧水を使用すれば、ある程度までは改善できます。

50代のお肌では、角質層内のケアだけではなく、真皮層までのケアが必要になってきます。また、早めに対処をすることでも、シワやたるみを最小限におさえることも可能になります。

お肌の老化を遅らせるためにも、自分に合った保湿化粧品を使ってみてくださいね。そして、これらのことを参考に、日々のケアを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です