ファンケルとオルビスのニキビケア化粧水を比較!違いは?

「ニキビは若さの証拠です」と一昔前には言われていたものですが、実際ニキビができて「若いから」という諦め方をする人はいないと思います。

しかも最近は「大人ニキビ」と言われる、いわゆる周期ニキビもやっかいだと注目されています。

今回は、大人のニキビケアに定評のある二つのシリーズを比較してみました。

それぞれのページと比較するものについてはこちらです。

ファンケルはアクネケア
【ファンケル】たっぷり1ヵ月試せる無添加アクネケア

オルビスは薬用クリアローション
オルビス公式ホームページはこちら

ファンケルとオルビスのニキビケア化粧水の主な違いを比較

まずは、ファンケルのアクネケアラインの商品のラインナップを見てみましょう。

こちらは洗顔クリーム、化粧液、保湿ジェルが3ステップのベースケアラインとなっています。

洗顔で毛穴につまった汚れをしっかり落として、保湿をしっかり行なうというニキビケアの基本をしっかり押さえることが可能なお手入れがシステマティックに組まれていますね。

色々やるのが煩わしいという人にはもってこいです。

しかもFDRシリーズというより敏感な肌の状態にも使えるものですので、様々なニキビケアをしてきてお肌が疲れてしまっている、何をつけてもヒリヒリするという人にもオススメできます。

さらに、ニキビを治すためなら何でもします、と思っていらっしゃる方にも朗報です。

こちらの商品は、できてしまったニキビに直接塗って鎮静効果のある美容液が用意されています。

まずは基本の3ステップをきちんと使い、もっと頑張りたい時に美容液を購入するという方法も選ぶことができます。

続いてオルビスのニキビケアラインです。

こちらも基本の3ステップケアが実践できるラインナップです。

洗顔フォーム、化粧液、保湿液が揃っています。

ファンケルと同じく、肌の基礎体力を鍛えることとニキビケアを同時に行なうことを目的に作られているので、様々なケア用品でお疲れの肌にも使うことができます。

オルビスの一番のポイントは「オイルカットでもしっかり潤う」ことですね。

このフレーズはオルビスのメジャーな商品でもよく聞くものですので、「オイルカットといえばオルビス」という方も多いのではないでしょうか。

オイルカットでも潤いを逃がさないためにどうするのか、という問題ですが、オルビスの薬用クリアローションは、漢方の力を活かす処方となっています。

保湿液にはコラーゲンとヨクイニンエキスが配合されており、肌のターンオーバーを促すヨクイニンエキスがいい仕事をするようです。

ファンケルとオルビスのお試しセットの価格を比較

では続いて、気になるお値段について見ていきましょう。

ファンケルは1000円で1ヶ月分が基本セットですが、化粧液+ジェル乳液+洗顔クリーム(10回分)+アクネケアエッセンス(5包)+マイルドクレンジングオイルというお試しセットの中にもさらにお試しがついています。

洗顔クリームが10回分しかついていないのは若干残念な気がするのは否めませんが、ケア用品の総入れ替えする前に重要な保湿液とジェルが現品サイズで1000円というのはお得です。

ちなみに、こちらの化粧液と保湿ジェルは1本1620円です。

3分の1以下のお値段で1ヶ月使えるという驚異の太っ腹ですね。

対してオルビスのトライアルセットのお値段は1296円です。

洗顔料+化粧水+保湿液のシンプルな3週間分セットとなっています。

洗顔料から3週間分お試しセットに入れてくれるのはありがたいですね。

お試しサイズは旅行などにも持って行きやすいので、たとえ今後ずっと使うことにしなくてもこの洗顔フォームは使えます。

また、こちらのトライアルセットが気に入って旅行に行きたい時には、現品から移し替えて持っていくことができるそうです。

店頭で見てみるとお分かりと思いますが、オルビスの化粧液はけっこうたっぷり。

別に容器を買って移し替えるとなると、分からなくならないようにしなければなりませんし、保湿液はディスペンサーですからまたやっかいです。

しかし、こちらのセットの容器があればそんな憂いがなくなります。

旅行の機会が多い若い女性にはポイントが高いのではないでしょうか。

そもそもニキビケアの真髄とは何でしょう?

これまで、二つのニキビケアラインについてお話してきたのですが、そもそも、のお話をここでさせてください。

ニキビができるというのは、毛穴につまった汚れやアブラが蓄積したり肌の角質が硬くなったりして、毛穴が炎症を起こしてしまうというものだということはよくご存知のことと思います。

そのため、ニキビができると熱心に洗顔したり、あぶらとり紙でものすごい勢いでアブラをとったり、ニキビにたまった膿を絞り出して早くなかったことにしようとしてしまったりする方がものすごく多いこともご存知だと思います。

中高生の若いうちも、大人になってからの周期ニキビでも同じことが言えるのですが、皆さんアブラと汚れに固執してしまって、肌そのものを元気にしておくことをうっかり忘れてしまいがちではありませんか?

乳液はべたつく、クリームとかはアブラだから、とニキビができたら敬遠する方もとても多いですね。

間違いではありません。まったくの間違いではありませんが、せっかく保湿してもフタをされないと肌から水分はじゃんじゃん逃げる一方で、水分を失った肌は抵抗力というものがなくなるのです。

そして当然ニキビとも闘えなくなっている。

この悪循環こそを私は皆さんに断っていただきたいのです!

ニキビケアの大前提は保湿です。

水分をしっかり与えて、それをきっちり肌にとどめておくことが大事なのです。

オイルカットの乳液も今は出ていますし、さっぱりとした感触のジェル保湿液というものもありますね。

そういったもので、今ニキビがある場所以外のお肌を少しでも健やかに保つことがアクネケアの肝です。

よく、基礎体力がある人は風邪をひいてもすぐ治るとか言いますよね?

あれと一緒で、肌の基礎体力を高めておくことが、できてしまったニキビを早く治し、かつ、ニキビ跡を残さずに治す近道と言えます。

それから、当然ですがニキビは触ってはいけません。

化粧品をつける時もそっとこすらないようにつけましょう。

髪の毛で隠したくなったりもするのですが、髪の毛が意外に汚れなどがついて肌に刺激になることも有名な話ですね。

大事なことなのでもう一度言いますが、ニキビケアに大切なのは1に保湿、2に保湿、3に刺激しないことだと心得てください。

私がおすすめするのはこちら

ニキビケアの真髄まで語って、さぁ、結局私がオススメするのはオルビスとファンケル、どちらでしょうか?

ズバリ、ファンケルです。

真髄のところでもお話しましたように、ファンケルのよいところは敏感肌でも使えるということと、FDRシリーズで肌そのものを健康に導く処方であるということです。

また、鎮静効果のある美容液が揃っていることもとっても嬉しいポイントでした。

気長にやるしかないと分かっている肌トラブルのケアですが、この美容液はクチコミサイトなどで確認してみたところ、塗るとかなりの割合ですぐ赤ニキビが沈静化するそう。

赤ニキビ、気になるんですよねー。痛いし。

また、保湿力にも優れていて、これまたクチコミを見ると購入している人の年代は20代~40代、肌質は乾燥肌の人も多いようで、「乾燥しないでモチモチになる」といったものが多いのが分かりました。

20代後半から40代の方であればまずはファンケルを1ヶ月お試ししてみてほしいです。

もっとお若い世代であったり、超脂性肌の方であればオルビスからお試ししてみてはいかがでしょうか。

様々なニキビケア商品が発売されていますが、とにかく保湿ができて刺激が少なく、肌そのものが健康になる、あなたにぴったりな化粧品に出会えますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です