ニキビに効く保湿化粧水のおすすめ!!いち早くケアを!!

しっかりとスキンケアしているのに、ニキビが治らない、、

女性であれば1度はこのように悩んだことがあるのではないでしょうか?

ニキビになるアクネ菌は誰しもが持っていて、生活習慣によって肌に表れるかそうでないか左右されます。

そこで、今回は今すぐにでも使えるおすすめのニキビに効く保湿化粧水を紹介していきます。

ついでにニキビができる原因も知っておけばなお良し◎ということで原因についても詳しく解説します。

知っておくと、ニキビができてしまったときにどう対処すべきかわかりますよ。

失敗しないニキビケアの保湿化粧水選びとは

化粧品でニキビを予防するためにはニキビに刺激がなく角栓を誘発しないなどアクネ菌を増やさないことが重要です。

✔アクネ菌対策ができる美容成分が配合されているか
✔油分が多いものは避ける
✔角質を柔らかくする成分が配合されている
✔ニキビ部分以外の肌も保湿できる

これらを選ぶ基準をするといいでしょう。

アクネ菌対策ができる美容成分が配合されているか

過剰に出ている皮脂を抑えるエストラジオール誘導体、赤みが出ている炎症を抑えるグリチル酸など選んで使用することでアクネ菌の増殖を抑えることが期待できます。

油分が多いものは避ける

ニキビができる元であるアクネ菌は油分をエサにして繁殖するのでできるだけ油分が入ったものよりオイルカットやノンコメドジェニックと表示のあるものを使用するのがいいでしょう。

角質を柔らかくする成分が配合されている

角質が硬いと肌が塞がれてアクネ菌が増殖しやすい肌環境になるのでなるべく肌は柔らかく保ち美容成分を届けやすくすることが必要です。プルーン酵母エキスは肌を柔らかく保ち毛穴つまりを予防してくれるのでいいでしょう。

ニキビ部分以外の肌も保湿できる

ニキビ用化粧水は比較的使用感がさっぱりしたものが多く保湿力が足りないという声もあります。ニキビ部分の肌以外も保湿できなくては乾燥してしまうので油分がなく保湿できる成分が配合されているのか確認しましょう。

また、白いニキビであれば皮脂を抑えたり毛穴が塞がれないよう皮膚を柔らかく保てるものがいいですが、赤みまたは黄色くなって膿を持つニキビは既に炎症を起こしているので後々痕になる前に炎症を抑制してくれる成分や殺菌作用のものを選びましょう。

もしニキビがつぶれて皮膚がくぼんでしまった場合は、自宅ケアでは限度があるのでピーリングやレーザーを使用し肌の生まれ変わりをしてあげたほうが早い改善が期待できます。

肌が弱い方や敏感肌の方はピーリングなどのケアは向いていないので根気よくスキンケアを続けましょう。

ニキビ用保湿化粧水ランキング

ニキビが繰り返しできる肌環境を作らないためにアクネ菌を殺菌できるもの、炎症を抑えるもの、皮膚を柔らかく保てる作用が配合されているものが適しています。

また乾燥からくるニキビ対策としてニキビ部分以外の肌もうるおいで満たされるような物を選んでおりますのでぜひ参考にされてみてください。

1位 オルビス 薬用クリアローション

販売元 オルビス
内容量 180ml
価格 1,500円(税抜)
しっとり感 ★★★★★ 5点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり8円)

ニキビ用の化粧水は比較的サラッとして直ぐ肌からうるおいがぬけるような感覚がありますがオルビスの薬用ローションはベーシックタイプの化粧水とそれほど変わらずうるおいを起こしながらケアできるところがオススメです。

★おすすめポイント★

ニキビがあるのに肌がかさつきやすい方にオススメです。この化粧水はオイルカットされているのでべたつきなくニキビがない乾燥した肌をうるおしてくれます。

女性が付きに一度の排卵がありますがその前後は肌調子が乱れニキビも出やすいです。オルビスの化粧水はそんな周期的に訪れる肌荒れに着目しており肌荒れしにくい肌へと導いてくれます。

白かったニキビがどんどん赤くなることもありますがグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているのでニキビが悪化するのも防いでくれます。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でオルビス 薬用クリアローションを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

29歳女性:愛用歴2年
29歳女性
『肌荒れニキビ対策に常備したい1本』

肌荒れやニキビが特にひどかったときも安心して惜しみなく使えたとても頼りになるローションです。

みずみずしいテクスチャーなのですっと肌に浸透する上、ヒリヒリ感やべたつきもなく他の化粧水と重ね使いしても問題ありません。

夏などは冷蔵庫などで少し冷やして使うのもより爽やかなさっぱりとした使用感が得られるためおすすめです。

31歳女性:愛用歴7年
31歳女性
『ニキビができにくくなった』

オルビスの薬用クリアローションを使い始めてから、徐々に大人ニキビができにくくなりました。

それまではお肌の調子が不安定で荒れたり痒くなったりしていましたが、こちらの化粧水を使い始めてからはそのような事もなく、天然由来の成分が配合されているので安心して使える化粧水だと思います。

28歳女性:愛用歴5年
28歳女性
『ニキビが減ったこと』

他のニキビ対策の化粧水などは刺激が強くてしばらく使っていると逆に荒れてしまったり、粉っぽくて化粧ノリが悪くなってしまうものもあったのですが、オルビスの薬用クリアローションは低刺激で、洗顔、美容液もオルビスの同じ薬用シリーズで揃えられるので、併せて使うことでより効果を得られるような気がします。

36歳女性:愛用歴約5年
36歳女性
『ニキビが出来ても直ぐに治りやすく綺麗な素肌になった』

まず、プチプラなのに和漢植物エキス等お肌に良い成分が配合されて大人ニキビに適した化粧水なのが良いところですね。

特に生理前等の大量に出るニキビに凄く良く効きます。

オルビスのクリアローションを使う前はニキビが出来てしばらく治らず、痕も残りやすくなっていたのですが、使い始めてからは出来ても直ぐに治って綺麗な素肌になりました。

31歳女性:愛用歴約2年
31歳女性
『ニキビができにくくなった!』

私はさっぱりタイプを愛用していますが、使用感がさらっとしていて使いやすいです。

水のようにスッと肌に馴染むので、さらっとした使用感が好きな人にはまさにおすすめの化粧水だと思います。

効果も抜群で、使い続けていくうちにニキビができにくい肌に変化していきました。値段もそこまで高くないので、使ってみる価値は充分あると思いますよ!

2位 ファンケル アクネケア化粧液

販売元 ファンケル
内容量 30ml
価格 1,620円(税抜)
しっとり感 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり54円)

★おすすめポイント★

少しサラッとしており肌にスーッとなじむ使用感ですので皮脂が多くべたつきが気になる方に向いています。

毛穴内に角栓がつまっているとアクネ菌が増えるだけでなく美容成分が浸透しずらいのでプルーン酵素エキスが厚くなった古い角層に働きかけて角栓をを溶かし毛穴のつまりを予防してくれますので柔らかくなりつまりにくくしてくれます。

そして顔にできているニキビには炎症を抑えてくれたりニキビがつぶれて痕になった色素沈着にもアプローチしてくれるので予防、対策が同時にできる化粧水です。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でファンケル アクネケア化粧液を使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

26歳女性:愛用歴1年
26歳女性
『以前よりも、肌トラブルが減りました!』

ファンケル アクネケア化粧液を使う前は、色々な化粧液を試しても効果がイマイチ分からなかったのですが、こちらに変えてから肌トラブルが減りました。

また洗顔後に使用すると、とてもさっぱりしてその後の肌触りも気持ちがよく、さっぱり派の私はとても重宝しております。

36歳女性:愛用歴約5年
36歳女性
『肌の状態が落ち着いた。』

もともとニキビだけでなく、肌全体が弱いため、一般の化粧品が中々肌に合わず、色々試していました。

アクネケア化粧液は肌なじみが良く、ニキビケアだけでなく、保湿もしっかりできるので1番私の肌に合い、愛用しています。

おでこや鼻周りは脂が浮くのに口周りや目尻は乾燥して粉をふくこともありましたが、これを使うようになって落ち着きました。

3位 DHC アクネコントロール モイスチュアタイプ

販売元 DHC
内容量 120ml
価格 1,300円(税抜)
しっとり感 ★★★☆☆ 3点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり10円)

★おすすめポイント★

オールインワンジェルタイプなので洗顔後コレ1本でケアができます。サラッとしたつけ心地ですのでべたつきはないです。

ストレスや排卵前後にできやすいとされる繰り返しできるニキビに着目しており植物成分が肌をうるおしながら肌荒れを起こしにくくしてくれます。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でDHC アクネコントロール モイスチュアタイプを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

30歳女性:愛用歴5年
30歳女性
『肌が若返った感じです。』

私は、この化粧水を使って早5年がたちます。私は、ニキビ肌に悩まされていました。ネットで、化粧水を発見して、色々な成分が入っていることを知り購入してみました。

使っていて肌に浸透していくのが分かり、いいなと思いました。今では、若々しい肌を取り戻せたので、これからも愛用していきたいと思っています。

ニキビ肌とは一体何なのか!?

ニキビは膿を持つようになると赤みをおびたり肌表面が凸凹したりとメイクでも隠しづらく痒みや痛みをともなうこともあるので肌トラブルの中でも厄介なものといえます。

・アクネ菌とは

ニキビができると毛穴の中にアクネ菌が発生します。

名前に菌とつきますが感染症のものではありません。人間の顔には常に常在菌という菌がおり肌を適度に保つためにpHを弱酸性に調節したり肌にとって良い働きをしてくれるので上手に付き合っていく方がよいのです。

アクネ菌は全ての人の毛穴の中に存在しておりますが毛穴の中に皮脂が詰まることにより毛穴内の酸素が失われアクネ菌が炎症を起こし肌表面にポコッとできるニキビができるのです。

ですのでアクネ菌を増殖させないためにニキビ対策には毎日の丁寧な洗顔と毛穴を塞いで毛穴内につまりを起こさせないためにも皮膚を柔らかく保てるよう保湿のケアが大切です。

過剰な皮脂分泌が毛穴つまりを引き起こす原因にもなるのでニキビが気になる時は体内バランスを整えるために食生活、睡眠などの生活習慣も見直してみるといいでしょう。

・どのように肌に表れる!?

若い年代は額にできやすく年齢を重ねるごとに頬、顎、顎下など下へと変化してきます。白くポツッとでき始めそれがどんどん悪化し黄色い膿を持つようになります。

肌の毛穴は通常開いているものですが毛穴内に汚れがたまると毛穴出入り口付近の皮膚が硬くなり毛穴が塞がれてしまうので洗顔でも清潔に保てず余計に皮脂がたまってきます。

毛穴が塞がれるとその中でアクネ菌が増えるので悪化すれば赤く炎症を起こしたり膿が出てきます。

さらに悪化が進むと毛穴の壁が壊れて皮膚がクレーターのようにへこんで見えてくるのでここまでくるとメイクでのカバーも難しいです。

特にホルモンが多く分泌しやすい排卵前後にはニキビが出やすく悪化しやすいので雑菌をさらに寄せ付けないためにも手で触らない方がいいでしょう。

・乾燥した肌でもニキビはできる

ニキビはオイリー肌でも乾燥肌でも起こります。べたついた肌に起こると思われがちですがではなぜ乾燥肌でもニキビは起こるのでしょうか。

肌は表面を適切な状態に保つため油分と水分を上手くコントロールしています。

しかし乾燥している肌は水分が少ないため身体は肌を守ろうとして内側からどんどん油分を出してきます。

そうなると肌表面は一定に保たれやすくはなりますが皮脂が多いと毛穴に汚れがたまりやすくアクネ菌が増殖するのでニキビが表れます。

ですのでできるだけ肌は柔らかさを保てるよう保湿をしてあげましょう。

・なぜニキビができてしまうのか

一番の原因は食生活やストレス、不規則な生活の影響が大きいといわれています。

体内のバランスが崩れれば肌もコントロールできなくなるので食事ではフルーツや野菜などビタミンミネラル類が豊富に含まれているものを選びましょう。

ビタミンミネラルは調理法や調理後の時間によって含有量が減少するのでできるだけ自炊することを心がけましょう。

日々の生活で毎日の自炊が難しい場合はサプリメントからでも十分補えるので摂り入れる検討を入れてもいいですね。

ニキビ肌におすすめケア方法

ニキビができたときは早期対策ケアが決め手です。

そのままにすると膿が悪化してつぶれると顔に痕が残ったりくぼみができたりします。

一度跡がつくと自宅ケアではそう簡単に元の肌には戻らないので慎重にケアしましょう。

ニキビに負担がかからなくニキビ以外の肌を美しく保てるようおすすめケアをご紹介していきます。

・ゴシゴシこすらない

ニキビの油分をきれいに洗い流そうとゴシゴシ洗うと肌は刺激を受けて悪化しやすいので極密なモコモコ泡で力を加えず優しく洗い上げましょう。

・ニキビ肌にも保湿は必要!?

ニキビがあるからと洗顔後はスキンケアをあまり重視しない方もいますが肌が乾燥し角質が硬くなることで毛穴が塞がれ汚れが詰まりやすくなるので柔らかく肌を保つよう心がけましょう。

ただ保湿といっても油分がたっぷり含まれているものはニキビが出ている時は避けてください。

・つぶさない

膿を出してしまうとそこから雑菌が入り込み炎症を起こしたりさらに大きいニキビができる場合もあります。

約1か月に1回肌は生まれ変わるのですができた痕は1回ではきれいにならず長い年月をかけないと元には戻りませんので慎重にケアしましょう。

・髪の毛や手で触れないようにする

髪の毛があたるとニキビに負担がかかりますし手には雑菌が多くついているのでニキビができている時はできるだけ髪をまとめるなどし触らないようにしましょう。

まとめ

アクネ菌が増殖しない肌環境を目指すためにも適切なケアを心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です