米肌とライスフォースの違いと共通点を徹底比較!どっちが良いの?

スキンケア用品を変えてみようと考え始めて、美容雑誌を開くと必ずと言っていいほど掲載される「米肌」と「ライスフォース」。

この二つには、含まれる目玉成分が一緒という共通点があることはご存知かと思います。

成分が似ているのならどっちを使っても一緒じゃないかと思うこともあるかもしれませんが、そうもいかないのがスキンケア用品。

そこで今回はどちらもお米からできる話題の美容成分が入っているけれど、どっちがどう優れているのか、結局どっちがおトクなのか、徹底比較していきます!

米肌とライスフォースの共通点は?

米肌もライスフォースも名前に米が入っていることからも分かるように、共通している成分はお米に含まれる成分です。

昔から、お米は美肌効果が高いとされてきましたし、日本酒の杜氏さんの手肌が美しいことはあまりにも有名ですね。

お米には様々な美容成分が入っているのですが、なかでもライスパワーという成分は、11種類に分類されていて、1から11までのそれぞれが皮脂の調整をするとか水分の保持効果があるとか様々な機能があります。

今回比較する二つに共通して入っているものは「ライスパワーNo11」という成分です。

これもとても有名な成分ですね。

有名すぎて「詳しく知らないけどなんかスゴイ」という認識の人が多いのもこの成分です。実際どういうものか見ていきましょう。

ライスパワーNo11

ライスパワーNo11は、「肌の水分保持機能の改善」が可能な成分として、「医薬部外品」の認可を厚生労働省から受けている、という確かな実力がある成分なのです。

肌の水分の保持機能を改善するというのは、平たく言うと年齢を重ねると失われるセラミドを生み出す力を持っている、ということです。

保湿化粧品を求める上で、多くの人が求めるのは「失ってしまうセラミドをなんとか補充して肌にとどめたい」ということですが、ライスパワーNo11は、それを可能にする成分です。

米肌とライスフォースの違いを比較!

米肌もライスフォースも、超優秀な「医薬部外品」のライスパワーNo11が入っているという共通点がありますが、違いについてはどうでしょうか。

米肌とライスフォースを成分から比較してみた!

米肌の注目成分

米肌の方は、ライスパワーNo11以外にこのような成分が入っています。

注目成分
■大豆発酵エキス
保湿・保護効果に優れ、肌表面で水分を抱え込みます

■ビフィズス菌発酵エキス
肌の天然保湿因子(NMF)を補い、角層細胞の保湿をサポートします。

■グリコシルトレハロース
乾燥から肌を保護します。

■乳酸Na
角層細胞の保湿をサポートします。

■グリセリン
他の美容成分と組み合わせて配合すると、乾燥環境から肌を守る働きを高めます。

「米肌」豪華トライアル5点セットが今なら1500円!!

ライスフォースの注目成分

一方、ライスフォースは公式ホームページでも「こういう成分がこう効きます!」といった記載はありません。

ありませんが、全成分は書いてあったのでその中からいくつか美肌には欠かせない有名なものをあげてみましょう。

注目成分

■濃グリセリン
■ヒアルロン酸
■植物性スクワレン
■天然ビタミンE

ここで一つ要注意なのは、植物性スクワレンです。

よく知られているスクワレンですが、オリーブオイルから取れる成分ですので、オリーブオイルアレルギーの方にはオススメできません

色々なスキンケアアイテムを使ってみて、合わなかったもののボトルをよく見たらオリーブ油と書いてあったという経験のある人は注意が必要です。

お伝えしてきたように、成分だけで考えてみると米肌の方が色々入っていて「有効成分」は多いですね。

ただ、気になる点は、ライン使いした時の他のアイテムの成分です。

前述したように、この二つに共通する有効成分は「ライスパワーNo11」で、この成分は「医薬部外品」の認可を受けています。

「医薬部外品」と記載してよいものは、「効果の高い有効成分が含まれており、一定の効果が期待できるもの」で、「予防的に使用できるもの」ですが、米肌の場合はこれが美容液のみに記載されています。

CHECK!!

米肌の場合は美容液のみが医薬部外品

つまり、化粧水とその他のアイテムにはライスパワーNo11はごく少量で、それによる効果は高くないということが言えます。

もちろん、他の美容成分も含まれているので、お手入れを頑張れば効果は期待できるとは考えられます。

一方、ライスフォースは「ディープモイスチュア」シリーズのアイテムすべてが「医薬部外品」です。

CHECK!!

ライスフォースはシリーズすべてが医薬部外品

この医薬部外品の成分は、大体がお値段はお高め。

含まれている量が多ければ多いほど、当然アイテムのお値段は高くなります。

あの人気モデルも推薦!『ライスフォース トライアルキット』

米肌とライスフォースをお試し価格から比較してみた!

まずは米肌のトライアルセットのお値段から見ていきましょう。

米肌ですが、こちらは14日使える設定で1,500円(税込)です。

アイテムも、石鹸15g、化粧水30ml、美容液12ml、クリーム10gとたっぷりめです。

化粧水30mlを14日間使えるか、と考えると超乾燥肌の人には不安になるかもしれませんが、とりあえずライスフォースよりは多いですね。がっつり試すことができることは確かです。

一方、CMなどでも有名なライスフォースは「1,000円でおつりが来るんです!」で有名ですからなんとなくご存知の方も多いかもしれませんが、基本のスキンケアアイテムが3点で972円(税込)です。

こちらは、化粧水20ml、美容液8ml、クリームが5gのセットです。

この容量でこのお値段…一応10日使えるという設定ですが、気をつけて使おう、というお値段ではありますね。

化粧水単品で価格を比較!1年で見るとどっちがお得?

さて、トライアルセットはまぁ分かった、でもランニングコストとして考えるとどうなんだという話ですね。
スキンケアアイテムのお値段を見ていきましょう。
〈ライスフォース〉

・洗顔料 120g(2ヶ月分設定) 3,780円
・化粧水 120ml(2ヶ月分設定) 8,640円
・美容液 30ml (2ヶ月分設定) 10,800円
・クリーム 30g (2ヶ月分設定) 8,640円
*すべて医薬部外品

〈米肌〉
・洗顔料 120g(1~1,5ヶ月分設定)1,728円
・化粧水 120ml(1~1,5ヶ月分設定) 5,400円
・美容液(医薬部外品)30ml (1~1,5ヶ月分設定) 7,560円
・クリーム 40g(1~2ヶ月分設定) 5,400円

お値段は圧倒的に米肌の方がお手頃ですね。

日数の設定と、医薬部外品といった効果の上での差を考えても、どちらも捨てがたいところでしょう。

二つとも、定期購入をすることで割引が受けられますし、そろそろ切れるという頃に定期購入していればアイテムが届きますので、お値段も安くなっていいことづくめですから、どちらを選ぶにしても継続して使うなら断然定期購入をオススメします。

全部のアイテムが医薬部外品であるというところで言うと、ライスフォースの実力は確かですし、スクワレンにアレルギーがない方にはライスフォースは素晴らしいアイテムだと思います。

ただ、米肌の他の美容成分も侮れないものがありますので、「どっちがいいよ」と断言することはとても難しいですね。

実際に使ってみないと、手触りなども好みがありますので、まずはトライアルセットの購入をオススメします。

それでもさらに迷ってしまったら…。

とにかく乾燥がひどくて、保湿はしっかりしたいし小じわとかも気になってきている、忙しくてそんなにスキンケアに時間も手間もかけられない人はライスフォース。

乾燥はするけど、小じわもさほど気にならないし、まだ手間をかけてお手入れを楽しむ余裕があるという人には米肌という感じでオススメしたいと思います。

関連記事

米肌(まいはだ)の良い口コミと悪評も!どんな効果があるの?
米肌の口コミ(悪評)から落とし穴を探してみた!
ライスフォースの口コミと10日間レビュー!本当に効果があるのか試してみた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です