30代の肌荒れはどうして治らない?原因と対処法は?

30代になって肌荒れが治らないです。

30代になるとお肌の変わり目があるといわれていて、実際に30代になって肌荒れが増えたという方が多いのではないでしょうか?

30代の肌荒れの原因は?

30代に入って、急に肌荒れが目立つようになってきた、という人は多いはず。

よく「お肌の曲がり角」という言葉を聞きますが、30 代はまさにそのお肌の曲がり角を大きく曲がろうとしている時期です。

加齢によってホルモンバランスが変化して、これまではなかった荒れ方を経験することも多いですよね。

特に、今までは気にならなかった乾燥がひどくなってきたという人も多いと思います。これはどうして起こるのかを見ていきましょう。

30代の肌荒れの原因①肌質の変化

人間の肌の中の水分量は、加齢によってどんどん減っていくことはご存知と思います。

セラミドやコラーゲンが減ってしまうため、補う美容成分がエイジングケア用品には欠かせないのも頷けますね。

セラミドやコラーゲンの減少は、肌のバリア機能を低下させてしまうという影響があります

このため、これまではノーマル肌用のスキンケアで合っていたのに、突然合わなくなってしまうということが起こってしまうわけです。

30代の肌荒れの原因②ライフスタイルの変化

女性の30代というと、多くの人が結婚・出産・子育てを経験したり、独身の場合は仕事の責任が重くなったりして、どうしても生活が以前とは変わってきますね。

子育てや仕事で夜遅くまで起きていなくてはならなくなって睡眠不足になったり、過度のストレス状態に陥ったりと、肌や体にストレスがかかりがちです。

睡眠不足は肌のターンオーバーを妨げてしまいますし、ストレスはホルモンバランスをさらに崩す原因にもなります。

ホルモンバランスが崩れると、肌荒れもさらにひどくなるという悪循環の原因はここにあるのです。

また、ゆっくり入浴時間が取りづらくなるのもこの世代の特徴。

入浴時間が取れないと、体を休ませることも難しく、体が冷えたまま放置しがちになるので、免疫力も衰えがち。

免疫力が衰えると、当然肌荒れも治りにくくなってしまうのです。

30代の肌荒れの原因②食生活の変化

ライフスタイルの変化に伴い、食事内容にも変化が現れやすいのがこの年代。

まだまだ元気な世代ですから、20代の時と同じように食べたり飲んだり出来るとはいえ、あまり無理はできなくなってきているのも確かです。

サプリメントや健康食品を生活に取り入れるようになることも多い世代ですが、一方で食事をしっかり摂る時間や精神的ゆとりがとりづらい世代でもあります。

健康に気をつけたいと思い始めても、まだまだ元気だから頑張らなくちゃ、で手軽にとれるインスタント食品などを多用してしまったりもしますね。

そういった理由で栄養バランスが崩れやすいのも30代の特徴と言えるかもしれません。

では、こういった原因にどういった解決策があるでしょうか。それを考えていきましょう。

30代の肌荒れの対処法は?

前述した原因を補ったり、改善することができれば肌荒れは起こりにくくなるということはイメージできると思いますが、「でも忙しいんだもん!」と思いますよね?

忙しくてもなんとかできる解決策を考えていきましょう。

30代の肌荒れの対処法①スキンケアラインを変える

肌荒れが起こって、スキンケアラインがこれまでのものではダメなようだと思うと、大抵の人はスキンケアの見直しをしますが、その時に取り入れてほしい成分をお伝えします。

・セラミド
・ヒアルロン酸
・エラスチン
・グリセリン
・コラーゲン

どれも「保湿成分と言えば」というくらい、よく聞く成分ですよね。

セラミドとコラーゲンは、同時に入っていると相乗効果でハリもアップしますので特にオススメ。

その他にも、プラセンタやハトムギエキスなど、肌表面を整える成分も入っているとなおいいですね。

まずは敏感すぎる肌の状態を改善して、肌のバリア機能を高めるようにケアをしましょう。

保湿化粧品も、とても多くの種類が発売されていますので、自分に合ったスキンケアを見つけてください。

関連記事:50種類以上の化粧水を試した管理人が30代におすすめする保湿化粧水TOP5!!

30代の肌荒れの対処法②食生活を整える

とはいえ、時間も余裕もないからサプリメントに頼っている、という人も多いでしょう。

私が今回オススメするのは、鍋料理です。

忙しいとどうしても野菜不足に陥りがちですが、鍋と言えば野菜、肉や豆腐などのたんぱく質、豆乳を入れる人もいますよね。

バリエーションに富んだ栄養素を一度に摂ることができます。

最近は嬉しいことにポーションタイプの鍋の素も多く販売されていますので、そういったものを使ってパパッと沢山の栄養素を摂ってしまうことをオススメします。

体を温める効果もありますので、免疫力も上がるし冷え症も改善する効果が期待できます。

30代の肌荒れの対処法③睡眠の質をよくする

忙しい30代。なかなか長い時間睡眠に割くことは難しいでしょう。

よく、「美肌のゴールデンタイム」と言われる時間に眠らないと美肌を手に入れられないと聞きますが、22時から2時の間にがっつり眠っていられる人の方がきっと少ないはず。

では、睡眠の質を上げて、効果的にホルモンを出す手伝いをすることはどうでしょうか?

睡眠の質を上げるには、眠る数時間前に入浴して、体温が下がり始める頃に布団に入るとよいとされています。

シャワー浴くらいしかできない、という人には就寝する30分くらい前に足湯をすることをオススメします。

10分から15分の足湯であれば、クレンジング後にシートパックをしている間に終わりますね。足が温まるとよく眠れる、というのは昔から湯たんぽを入れて眠るとよく眠れるという生活の知恵でもよく知られています。

リラックスして体を温めて、短い時間でもぐっすり休めれば肌の回復力も高まります。

30代の肌荒れの対処法④ストレスを上手に発散する


前述したように、ストレスは肌のバリア機能を衰えさせる効果があります

適度なストレスは生活のハリのためにも必要ですが、過度なものは体にも心にも毒です。

体を動かすことや声を出すことでも発散できるので、特別なことではなくてもストレスは解消できます。

ストレッチやお笑い番組を観ることでも解消はできると言われています。自分に合ったストレス解消法を見つけていけるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です