敏感肌におすすめの保湿化粧水ランキングと選び方!!

『敏感肌ですぐに肌が荒れてしまいます。どういった保湿化粧水を使ったら良いですか?』

良く敏感肌さんからこういった質問を受けることが多いです。

かゆい、しみる、肌が赤くなる、ずっとカサカサする等あなたの肌はずっとこの症状が続いていませんか?

それは乾燥ではなく何らかの影響で体力が落ち肌が敏感になったため、トラブルとなっています。

下記にて選び方やケア方法を紹介していきますのでぜひ参考にされてみてください。

敏感肌をやわらげる保湿化粧水選びとは

敏感肌には徹底した肌の保護、保湿、浸透の3点が求められます。乾燥肌用の保湿とはまた少し違うのでどのようなものを指すのか下記にてご紹介していきます。

・とにかく高い保護と高い保湿

不健康な細胞の集まりにより過度に肌が乾いているのが敏感肌ですのでベーシックタイプの保湿では効果がありません。

そこでこの4点がポイントです。


これらができるものを選ぶと外側からの刺激に耐えれる肌作りが期待できますよ。

・抜群の浸透力

不健康な細胞では丁寧なケアをしても細胞自体に蓄える力がないのでスキンケアが浸透しません。そこで肌に負担がかからない優しい成分で浸透できるものを選ぶのがいいでしょう。

店頭に敏感肌用のシリーズがあればそれを使用することをおすすめします。

敏感肌におすすめ保湿化粧水ランキング ベスト3

敏感肌に必要な肌の保護と保湿、浸透が優秀なスキンケアを選びました。

その中でも肌に負担をかけることなく優しくケアできる成分配合のものを選んでいます。

1位 ファンケル 乾燥敏感肌ケア化粧液

販売元 ファンケル
内容量 10ml×3
価格 1,836円(税抜)
しっとり感 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★★ 5点
価格 △(1mlあたり61円)

おすすめポイント

肌を徹底的に保湿し保護する敏感肌優秀スキンケアです。

セラミドでも皮膚に存在する同じ構造のセラミド2とセラミド誘導体により高い水分保持力と肌から水分が逃げるのを防いでくれます。

敏感肌はとても肌が乾きやすいですがアセチルヒドロキシプロリンがセラミドとの相性がいいのでよりセラミドの効果を上げてくれます。そのおかげで肌は乾燥してかゆくなることもなくなります。

また刺激を受けている肌表面をファンケル独自のスキンバリア成分配合により外から感じる刺激をブロックして保護してくれるので肌を守ってくれます。

1位にした理由

何もしなくても肌に痒みが出たりと少しの刺激でも敏感に感じてしまうのが敏感肌なのであまり強い美容成分は使いたくないものです。

そこでファンケルは肌に必要のない添加物を除いて肌に優しい無添加スキンケアをコンセプトに細胞まで健康に保ってくれるので敏感に感じる時はファンケルスキンケアがオススメします。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でファンケル 乾燥敏感肌ケア化粧液を使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

46歳女性:愛用歴1年
46歳女性
『ヒリヒリしない』

他の化粧水のように、塗った後のヒリヒリした刺激がありません。

特に冬から春にかけては他の商品だと染みてかぶれますが、この商品を使い始めてからはそのうよなことがなくなりました。

また、コンパクトなボトルなので、他の商品は夏に腐らないか心配ですが、安心して使えます。

44歳女性:愛用歴半年
44歳女性
『かゆみが治った』

元々季節の変わり目になると、肌が痒く乾燥してしまい、化粧もできずに困っていたところ、この化粧液に出会いました。

つけてみると意外と肌にスッと馴染み、ベタつくこともなく、とても良いつけ心地でした。

乾燥肌用はベタつくだけで、浸透しないことがあるので心配していましたが、全く問題ありませんでした。かゆみも良くなり、一年を通して愛用できそうです。

27歳女性:愛用歴1年
27歳女性
『肌トラブルが少なくなった』

ファンケルの商品は使用期間が決まっており、いつでも新鮮な化粧品を使うことができるのが魅力です。

しっとりタイプとさっぱりタイプが選べるので、季節やその時の自分に合うものを選択でき、敏感肌の人にとって嬉しいと思います。

使用してから毛穴やニキビなどの問題も改善されたので、これからも継続して使いたいです。

36歳女性:愛用歴2年弱
36歳女性
『酷い乾燥肌で悩んでいたのですがそれが解消された点』

私がこのファンケルの乾燥敏感肌ケア化粧品を使って良かったと思ったのはこれがただ肌の乾燥を防ぐだけでなく私みたいな敏感肌の人間の肌に刺激を与えずに肌の乾燥を防いでくれる点で良いと思いました。

それまでにも乾燥肌を防ぐために色々使った事があるのですが肌への刺激が強くて使用を中止したのですが、このファンケルの乾燥敏感肌ケア化粧品はそういう事がなくて良かったです。

30歳女性:愛用歴半年
30歳女性
『乾燥しなくなった』

冬になると乾燥が酷くなるので試してみました。とろっとした液で、肌に浸透しやすく使い心地はいいです。水仕事をしているので手荒れも冬はするのですが、顔と一緒に手にも塗ると手荒れが改善しました。

刺激もなく安心して使えます。冬になると欠かせない化粧水になります。

2位 常盤薬品ノブⅢフェイスローションしっとり

販売元 常盤薬品
内容量 120ml
価格 4,000円(税抜)
しっとり感 ★★★★★ 5点
肌なじみ ★★★★★ 5点
価格 ◎(1mlあたり33円)

★おすすめポイント★

臨床皮膚医学に基づいて作られており敏感肌に適しているため高い浸透力と保湿力が魅力のスキンケアです。

敏感肌は肌内のバリア機能が乱れやすいことに着目しておりバリア機能をサポートしてくれる皮脂、細胞間脂質、アミノ酸の3つの成分配合により肌荒れに負けない肌作りが期待できます。

バリア機能が乱れているとスキンケアが肌内に浸透しにくいですが天然セラミドであるセラミド3によりグングン肌に入り込むようになじんでいきます。

保湿にはお米由来のαグルコシルグリセロールが高い保湿の役割があるので敏感時でもうるおいのある肌にしてくれます。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)で常盤薬品 ノブⅢフェイスローションしっとりを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

50歳女性:愛用歴1年
50歳女性
『肌荒れが改善しました』

アレルギーがあり、肌荒れが酷くこのノブⅢフェイスローションが、肌荒れに効果があると知り使うようになりました。

今まで使っていた化粧水とは違い、付けた後にすぐに肌がしっとりとするのを感じることが出来ました。

続けて使っていると、肌荒れも治まって来て調子が良くなって来ました。

27歳女性:愛用歴約1年
27歳女性
『肌の乾燥が改善された』

肌のコンディションが悪い時には、特に一般的な美白ローションなどは肌への刺激が強くしみることがありました。

しかし、こちらのローションは、日焼けや冬季の乾燥などで肌のコンディションが悪い時でも刺激を気にせず使うことができて安心です。

セラミド配合なので、特に乾燥性敏感肌の私には成分的にも良いと思っています。

40歳女性:愛用歴2年
40歳女性
『肌トラブルが減りました』

敏感肌で、今までほとんどの化粧品が肌に合わず、痒みが出たり、赤い発疹ができたりするのが日常でしたが、皮膚科の先生にすすめてもらって、ノブ基礎化粧品を使うようになりました。

肌につけても全く違和感がなく、すーっと浸透していくのがよく分かります。痒みもなくなりとても楽になりました。 私の強い味方です。

3位 アテニア メディチューン薬用コンディショニングローション

販売元 アテニア
内容量 150ml
価格 1,600円(税抜)
しっとり感 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり10円)

★おすすめポイント★

水分量が最も低い敏感肌でもうるおい力が理想の量になりやすいのがアテニアスキンケアです。

肌にある成分で保湿力のよいレチノンが配合されておりより肌内へ浸透を高めるためレチノンを包むカプセルをナノサイズにしているためスーッとなじみ浸透力の高さに驚きます。

肌が荒れているのを鎮静し角層内にうるおい力を高めながら敏感によってバリア機能が乱れた未熟な角層を強くしてくれる成分がギュッと詰まっているのでこのスキンケアを継続することで肌の細胞がキレイに整列し乱れてしまっていたキメも規則正しい三角のキメが表れてくるとのデータも出ています。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でアテニア メディチューン薬用コンディショニングローションを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

42歳女性:愛用歴3ヶ月
42歳女性
『安全性が高く安心して使えること』

一般的なローションよりもややとろみがありますが、肌に塗るとサラッとしていて使い心地が自分好みでした。イネや米ぬかなど和の素材をベースとしているのもこの商品の特徴です。

また、添加物が極力抑えられていて、使う人のことを配慮されているなと思いました。

敏感肌には2つの種類がある

真の敏感肌とは日々しっかりケアしているのになかなか改善されないことをいいます。

生まれつき皮膚が薄い方は肌に刺激が伝わりやすいので影響を受けやすく特にアトピー性皮膚炎は肌に過剰に刺激がかかります。

これらは体質ですので化粧品で完全に改善することは難しいですがある程度は生活習慣やケア方法で悪化を防ぐことができます。

敏感肌と勘違いしやすいのが合わない化粧品の使用や生活習慣の乱れからくる仮性敏感肌です。

新しくメイク品やスキンケア用品を使用した際に肌がピリピリする、赤みが出てくる、痒くなる、急激に乾燥してくる等の症状が表れたら肌に合っていないので直ちに使用を中止しましょう。

また寝不足や栄養状態が不足していると必然的に身体の抵抗力が落ちますので肌が乾燥したりシワができやすいです。これらはある程度ケア方法の変更や生活習慣の見直しで改善できるので一度自身の状況を見直してみるのもいいでしょう。

真の敏感肌でも仮性敏感肌でも肌にトラブルが起きていることに間違いはありません。

そこでどのような状態が肌に起きるのか詳しくみていきましょう。

肌が敏感になるメカニズムとは

☑肌体力がなくバリア機能が崩壊

肌の層の中には適度に肌表面のうるおいを保てるよう角層という部分に水分と油分を蓄えるバリア機能が規則正しく備わっています。

それがあることでうるおいある艶やかな肌を保てるのですが外側や内側から何らかの影響で過度に刺激を受けると肌は見た目以上にとても薄い皮膚ですので一気に肌体力が落ちます。

肌体力が落ちればバリア機能が次第に不規則な並びになることで蓄えていた水分と油分が逃げていき肌は乾燥します。

ここまでのただの乾燥だけなら直ぐ保湿ケアで戻せるのですが敏感肌と乾燥肌との差はバリア機能が崩壊してケアしてもなかなか戻らないことです。

通常痒みを感じる神経は真皮内にあるのですが刺激を受けることで神経が肌表面近くまでのびてくるので余計にかゆみを伴います。

痒いからとかいてしまうと肌に刺激を受ける→ひっかく→バリア機能が崩壊→症状が悪化するの繰り返しになります。

ですので目指す肌としてバリア機能の崩壊を改善することが求められるので水分蒸発を防ぐ、細胞内に水分をためこむ、細胞と細胞の間をセラミドなどでうめるケアが必要になるのです。

☑健康な細胞が生まれず育ちにくい

上記でのバリア機能が崩壊すればそれだけ外側から保湿しても蓄えるところがないので蒸発していきます。

蒸発すれば肌内にはうるおいがないので皮膚が乾いて痒みが伴います。そして肌も生きていますので乱れてしまったバリア機能を直そうと肌の細胞は新しい細胞をどんどん呼び寄せるのですが本来肌は約28日周期で生まれ変わるのにそのスピードが速すぎて未熟で育たないまま肌の層内にとどまってしまうため余計に外からケアをしても効果が感じられないのはそのせいです。

あなたはこのようなことを肌に感じたことはございませんか?

上記項目が2つ以上当てはまれば敏感肌の予備軍です。

生活習慣の乱れは肌トラブルの元です。一度見直してみましょう。

敏感肌にいいケア方法

どれだけ肌に刺激を与えず健康な肌にしていくかがポイントです。

コットンは必ずさける

肌表面が乾いてめくれあがった皮膚に繊維の塊のコットン使用は過度な刺激が加わるため悪化する一方です。敏感肌の際は控えた方がよいです。

洗顔後は手にスキンケアをのせ顔にまんべんなくつけ特に自身でカサカサ感じる部分には少し多めにつけるといいでしょう。

敏感肌はバリア機能が崩壊してスキンケアがなじまない肌構造なので顔にのせただけでは効果を発揮しません。スキンケアをのせたら手で優しく温めるようにプレスすると次第にじんわり肌になじんでいきます。

熱いお湯で顔を洗わない

ただでさえ水分と油分が溜め込めないのに40度以上の熱いお湯で洗えば一気に肌は乾きます。

熱いお湯で洗うことは時には気持ちがよいですが敏感になっている時はできるだけ32度~35度くらいのぬるま湯がちょうどよいでしょう。

痒みが出てもなるべく肌をかかない

皮膚が乾くと痒くなることがありますがかきすぎてしまうと皮膚がかいた部分だけめくれてしまうのでどうしても痒い場合は力を入れずに行いましょう。

まとめ

敏感肌は根気よく時間をかけ外側からのケアと生活習慣の見直しが重要です。1日でも早く悩みから解放されるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です