40代におすすめの保湿化粧水ランキング!!選び方は?

40代になると、いろいろとお肌の変化を感じてくるようになってきます。

そのため、お肌に変化が現れたときはスキンケアを見直す必要も出てきます。

もし40代で、今までと同じ保湿化粧水を使っていて、何か物足りなく感じてくるようなら見直すことが大切です。

なぜなら、今まで使っていた保湿化粧水の成分だけでは、お肌の変化についていけなくなってしまうからです。

今回は、40代のお肌に合ったおすすめの保湿化粧水ランキングをお届けします。

100種類以上の保湿化粧水を体験した私が、自信をもっておすすめする化粧水なのでぜひ試してみてくださいね♪

40代の保湿化粧水の失敗しない選び方

40代になると、ただ保湿力が高いだけでなく年齢肌に合わせてエイジングケアもできるものが、お肌にとって良いとされています。

そのためには、この3つの働きをしてくれる成分を取り入れることが良いでしょう。

スキンケアの効果を最大限に上げること

主な成分:セラミドグリセリン

この2点は、お肌に必要なうるおいを補うのに、代表格といわれている必要な成分です。

また、角層内にうるおいを与えるだけでなく、お肌に保持しやすい成分です。水分と油分を調節するバリア機能も整えてくれ、肌内の構造までも整えてくれるのが特徴です。

そのため日々のスキンケアがお肌に浸透しやすく、スキンケアの効果を最大限に引き上げてくれるのです。

お肌の代謝を上げ健康な細胞を生み出すこと

主な成分:プラセンタ

健康な細胞が育ちにくい肌環境では、良いとされている美容成分もつける意味がありません。

そこで、このプラセンタの成分はお肌の生まれ代わりをスムーズにし、肌代謝を助けてくれるので健康な細胞が生まれやすく、また育ちやすくなります。乾燥はもちろん、シワやシミにも期待がありエイジングに適しています。

肌の土台を鍛えること

主な成分:コラーゲンセラミド

しなやかさを失ったお肌にハリやツヤを持たせるには、質が高くお肌への吸収率の良い低分子型のコラーゲンが配合されているものを使うことです。

土台である真皮層のケアはうるおいケアだけではできないので、この成分が配合されているのがいいでしょう。

この3点が、選択するスキンケアの中に美容成分として含まれていることが、40代のお肌には適しています。

40代女性におすすめする保湿化粧水ランキングベスト3

保湿力が高いのはもちろんですが、40代のお肌にはうるおいを求めるだけのシンプルなケアより、エイジングケアができる化粧水が最も適しています。

下記のランキングには、うるおいやエイジングケアができるものの中から良いと思う成分配合のものや、実際に使用し肌実感が良かったものを選んでおりますので、参考にしてみてください。

40代のおすすめ化粧水簡単比較

総合評価 1位 2位 3位
商品名 ファンケルアクティブコンディショニングEX エリクシールエンリッチドローション アスタリフトモイストローション
商品画像
しっとり感
肌なじみ
さらっと感
おすすめ度
価格

(1mlあたり56円)

(1mlあたり35円)

(1mlあたり29円)

公式ページ

1位 ファンケル アクティブコンディションEX

販売元 ファンケル
内容量 30ml
価格 1.700円(税抜)
保湿度 ★★★★★
肌なじみ ★★★★☆
価格 〇(1mlあたり56円)

ファンケル アクティブコンディションEXは、肌細胞自体に負担をかけることなく健康に保ちながら、お肌を活性化してくれる無添加スキンケアです。1か月間使用しただけでも、肌の内側からふっくらした感触が全然違います!!

40代の方におすすめするのであれば、ダントツでこの商品でしょう!!

実際私も使用したことがありますが、100円玉ほどの使用量でも肌にスーッと伸びて顔全体を瞬時にうるおしてくれます。

寝不足した翌朝は、お肌が疲れていてメイクのノリが悪いですが、継続するとファンデーションがキメに入り込みにくくなり、メイクのノリにも差が出ますよ。

☆おすすめポイント

年代問わず人気の高いファンケルの無添加スキンケアは、防腐剤不使用なので肌負担が少ないだけでなく、細胞も健康的に保ちながらケアすることができます。

独自成分のアクティブセラミドにより角層の元となる細胞にまで働きかけ、美容成分をたっぷり抱え込み細胞に働きかけてくれるので、自ら持つ肌の力を最大限に引き出してくれるのが特徴です。

そして年齢によって急激に減少していくコラーゲンですが、この化粧水は肌に吸収されやすいよう低分子の適応型コラーゲンを使用しているので、使うほどに肌の内側からふっくらモチモチ肌が期待できます。

また、価格がお手頃なのに実感が良いとリピーター率が高いのも人気の一つです。

☆口コミ

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でファンケル アクティブコンディションEXを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

49歳女性:愛用歴1年
49歳女性
『肌トラブルが無くなりました』

今まで使用していた化粧品は、使用すると肌トラブルを起こしてしまっていたのですが、ファンケルを使用するようになってから、肌トラブルはなく、肌がキレイになりました。

やはり無添加で、良質の成分が私の肌にピッタリ合ったのだと思います。使用感も良く、値段も手頃なので、これからも私のお気に入りの商品として長く使用したいと思います。

41歳女性:愛用歴1年
41歳女性
『肌にハリが出てきた』

今までDHCの薬用Qシリーズを使っていたのですが、だんだん乾燥するようになり、同時にハリがなくなり、シワも目立ってきてしまいました。

そこで、ファンケル アクティブコンディションEXに替えてみると、使い始めて2週間で今まで悩んでいた乾燥やハリ、シワが徐々に気にならなくなってきました。思い切って替えて良かったです。

44歳女性:愛用歴3か月
44歳女性
『肌が若返った』

私は年齢に対して老けているといわれることが多く本当に気にしていました。

こちらの商品を使用してから肌が若返ったというか、今までであれば脂性肌で鼻周りがテカっていたのですがそういったことも改善され、スッピンに自信が持てるようになりました。

顔が引き締まったのですべてのパーツが綺麗に見えました。

47歳女性:愛用歴1年
47歳女性
『肌トラブルがおきなくなりました。』

10月から5月くらいまで、暖房を毎日欠かさずつける地域に住んでいるため、万年乾燥肌のせいで肌トラブルが絶えませんでした。

ファンケルアクティブコンディションは、しっとりタイプを選んでいますが、潤いがとにかく持続します。

翌朝の肌のハリが出て、あんなに悩んでいた乾燥肌が改善されました。

化粧ノリもぐんとよくなり、肌艶が出たせいか、実年齢より若くみられるようにもなりました。

41歳女性:愛用歴1年
41歳女性
『肌がしっとりする』

乾燥肌で敏感肌ですが、ファンケルアクティブコンディションEXは肌トラブルを起こすがなく、肌がしっとり。保湿力は使えば使うほど実感できます。しっとりするのにべた付かず、乾燥肌の悩みを忘れてしまうくらい優秀です!

無添加なので安心して使える点が良いです。トロっとしたテクスチャーで、肌に浸透してモチモチ肌になるので手離せません。

2位 エリクシール エンリッチドローション

販売元 エリクシール
内容量 170ml
価格 6.000円(税抜)
保湿度 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★★ 5点
価格 ◎(1mlあたり35円)

☆おすすめポイント

エリクシール化粧水シリーズの中でも、年齢に応じてうるおいケアができるエイジング効果も含まれた、エンリッチローションがオススメです。

使用感としては、とろみがあるのでお顔全体がしっとりしてきます。使用目安量が500円玉ほどとなっていますが、お肌には十分な量です。

香料が配合されているため、リラックスしながらケアしたい方にもオススメです。

独自成分のセルフディフェンスCBには、グリセリンといった角質細胞間脂質内の層をうるおいで保つ働きがあり、さらに年齢を重ねた肌に高い保湿力を与えるため、独自成分コラーゲンGLが高濃度で配合されています。

もっとも効果の高い形で、グリセリンと水溶性のコラーゲンが配合されていることでハリのあるしっとりとしたお肌になれ、エイジングケアを目指す方に人気の商品です。

また価格がお手頃なのに、肌実感が良いとリピーター率が高いのも人気の一つです。

☆口コミ


今回はcrowdworks(クラウドワークス)でエリクシール エンリッチドローションを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

42歳女性:愛用歴半年
42歳女性
『しっとり感がよみがえった』

もともとは脂性肌だったのですが、40代になり、いつの間にか乾燥肌になってしまいました。夜、たっぷり乳液やクリームを塗って寝ても、朝、顔を洗うときにはヒリヒリするような痛みを感じるほどでした。

30代までは、あまりお金をかけずに、ちふれ化粧品を使っていたのですが、エリクシールに替えてからは、しっとり潤い肌を取り戻せました。

43歳女性:愛用歴3年
43歳女性
『コストパフォーマンスがよい』

すぐに効果が感じられるものではないが、しっかりとうるおい、値段の割に効果が高いと感じました。

もうワンランク高い価格帯のものでもここまでもちもちとした肌を感じられる商品はなかなかないと思います。

使っていると安心感がありますし、お値段もお安いので長く使い続けられます。

45歳女性:愛用歴3か月
45歳女性
『長く使い続けられる価格だった事』

価格が割りと手頃で、使い続けやすかったのは良かったです。高すぎる化粧水はずっと使い続けられないので…。

エリクシールシリーズは美容部員さんもお薦めの商品だった様ですが、乾燥肌&敏感肌の私には付けても乾燥が気になりました。

使い心地が良く、香りも気にならず、肌にもよく入っていった点が良かったです。

40歳女性:愛用歴1年
40歳女性
『使っていて、つやが出ました。』

私は、40歳を迎える主婦ですが、どうやら年なのかハリが少しなくなったみたいです。ちなみに使ってみたら、もちもちした感じがして良かったです。

友人にも「20代前半の肌に戻った感じがしていいよ」と言ってくれたので良かったです。これからも愛用していきたいと思いました。

42歳女性:愛用歴3ヶ月
42歳女性
『肌にハリが出る』

週末にゆっくりスキンケアをするときのごほうびローションとして使っています。

肌にハリが出ることを売りにしている商品だけあって、化粧水しか終わっていない段階で鏡を見ても、いつもより頬のあたりがつやっとした仕上がりになります。しっとりとした使い心地でリラックスできます。

3位 アスタリフトモイストローション

販売元 アスタリフト
内容量 130ml
価格 3.800円(税抜)
保湿度 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★☆☆ 3点
価格 ◎(1mlあたり29円)

☆おすすめポイント

鮮やかな赤色のボトルと同じ赤色の色素を持つアスタキサンチンや、トマトでおなじみのリコピンが互いに相乗効果をもたらし、アンチエイジング効果が高まってシワの予防にも良いとされています。

独自成分のCLリフレッシャーが特徴で、これがあることにより肌内に古くなってしまったコラーゲンを取り除く働きがあるので、ピンとしたハリが期待できます。

少しサラッとした使用感ですが、うるおいを保ちやすくしてくれるヒト型ナノセラミドと、ヒト型ナノアシルセラミド配合によりお肌への浸透力を高めてくれます。そのため、お肌から化粧水が蒸発してしまうことはあまりないです。

☆口コミ

40歳女性:愛用歴半年
40歳女性
『乾燥が解消されました。』

私は年中問わず、肌の酷い乾燥に悩まされていました。そんな時、CMでアスタリフトローションを見て、購入してみました。

使い心地はしっとりしていて、2プッシュしかつけなくても肌に素早く浸透していきます。つけた後から肌が潤っていて、一日中乾燥知らずの肌になりました。

少量で凄い効き目があり、とてもびっくりしています。1本で2カ月はもつので、コストパフォーマンスもとても良いと思います。

47歳女性:愛用歴1年
47歳女性
『肌の手触りがよくなった』

愛用し始めて1年になります。初めて使ったときから、肌に浸透していく感じがすごくわかって、パッティングしたあとに肌がもっちりと潤ったのを実感することができ、とても驚きました。

使い始めて1ヶ月ほどで、あきらかに肌が柔らかくなり、化粧ノリがよくなりました。

36歳女性:愛用歴半年
42歳女性
『肌にうるおいが出た。』

私はストレスにより肌が急激に乾燥することがあります。そのときは何を使っても口の回りに白く粉がふいた状態は治りませんでした。

そこで母が使用していたので借りてみたところ少し改善されました。それからずっと使っていますが、白く粉がふく事が改善され、肌に潤いが出てきました。

44歳女性:愛用歴約1年
44歳女性
『効果はきちんとでました。』

三ヶ月位使った頃に肌の張りが出て、もちもちになっている事に気が付きました。敏感肌で乾燥肌ですので、もしかしたら合わないかもしれないと思いましたが、何ともなかったです。

ローションをつけると、肌が手に吸い付きます。ライン使いをしなくても、効果がきちんとでます。

某有名化粧品メーカーの美容部員さんに肌質を測ってもらう機会があり、結果は自分の年齢より若く、とても潤っていると言われました。

42歳女性:愛用歴8カ月
42歳女性
『保湿力がいい』

パッケージが気になり購入しました。もともと乾燥肌なのですが、これを使うと本当に潤います。お風呂上りに3プッシュほどして肌に伸ばすと、よく伸びますししっかり浸透しているのが分かります。

翌朝もカサカサになることなくプルプルのままなので、今後もずっと使いたいと思っています。

★こちらのランキングもチェック

⇒敏感肌におすすめの保湿化粧水はこちら。
⇒ニキビに効く保湿化粧水はこちら。

40代のお肌の特徴

では、40代の肌の特徴はどのような感じなのでしょうか?

まず下記の項目を見て、どんなことが40代で起きやすい肌トラブルなのか確認していきましょう。

この中であなたの肌に当てはまる項目がありますか?

40代頃は、どうしても防げない加齢による変化と今までしてきたケアの成果が、一番お肌に出やすい年齢といわれています。

この40代をどう乗り切るかで、次に訪れる50代へ向けての準備ができますので、ぜひご自身のお肌と向き合っていきましょう。

40代の乾燥は何が違うのか

あなたの目元や口元にできがちなシワは、うるおいを与えるだけで改善されていますか?もし改善されていなければ、それは加齢による変化にお肌の体力が負けてしまっているのです。

年齢が低い頃との大きな違いは「一つの肌トラブルが連鎖して、次の肌トラブルを引き起こす」ことです。

それがどのようなものかを見ていきましょう。

10代の肌

10代の頃は、ほぼ何もしなくても免疫力が強いこともあり、お肌にも力があるので常に水分と油分のバランスを正常に保ってくれます。見た目にも、ふっくらとした柔らかい肌が印象的ですね。

例えば表皮性の小ジワといわれるものであれば、肌表面のしなやかさが失われた乾燥からきている一時的なものなので、保湿をしてあげれば次第にふっくらしてきます。

40代の肌

しかし、年齢を重ねるにつれて各層内の潤いを保つラメラ構造(角質の層)が正しく整わなくなるため、水分を保持する力が弱まることで40代の乾燥は起こります。

またお肌を支える土台のコラーゲンや、骨組みの役割があるエラスチンがもろく細くなり減少することで、お肌を支える力が弱まり表面にくほみができて下がってきます。

そうなると、うるおいを与えるケアだけでは真皮性のシワやたるみを改善することは難しいので、乾燥対策のケアだけでは物足りなくなってきます。スキンケアの中には、保湿以外にも各悩みに対応できる美容成分が配合されているものが必要です。

肌が生まれ変わる約28日周期のサイクル(ターンオーバー)も、年齢を重ねれば周期が乱れがちになるため、常に生まれたての細胞を肌内に整列させることはできません。

古くなって役目を終えた皮膚では、スキンケアの浸透はしづらくなります。結果としてうるおいを抱え込むラメラ構造といわれる、うるおいの貯水タンクの配列までもバラバラになるため、より乾燥が目立ってきます。

角質層内にうるおいが保たれていないと、表面の皮膚が乾いてきて目には見えない角質の一部が、めくれあがっている状態になります。

そこからうるおいが逃げるだけでなく、そのめくれた角質一枚一枚が皮膚の影となり、光が乱反射することで肌がくすみんで見えてきます。

角質がめくれあがった皮膚では、うるおいが溜め込まれにくい肌構造となるので、外からの刺激に対抗しにくく紫外線もどんどん入り、シワやたるみまでも起きてきます。

これらが一般的に、40代のお肌に起こりやすい肌トラブルといわれるものです。

40代の肌はどのような原因で乾燥が引き起こされるのか。またどうケアするのか

40代の乾燥は様々な原因で引き起こされますが、その起こり方が年齢によっても差があります。

事前に知ることと、今のお肌と向き合うことが必要最低限のケアで素肌美を保てますので、下記から早速対策を立てていきましょう。

■血行不良

身体の構造でどうしても女性は、男性に比べ筋肉量が少ないので女性特有の冷え性が起こりやすく、部分的もしくは全体的に血流の流れが悪くなり冷えやすいです。

これにより肌内の血流も悪くなれば、代謝が弱まるので未熟な細胞ばかりが作り出されます。

未熟な細胞には、スキンケア成分を溜め込む力が弱いので化粧液をつけても浸透しづらく、うるおいが保たれにくいだけでなくラメラ構造の密度も低くなるので、乾燥しやすく改善もしづらい肌となります。

▼おすすめケア方法

血行を良くするために、スキンケアの際は優しくマッサージしながらつけてあげると、肌温度が上がり浸透しやすいです。

お顔のマッサージは、力を入れると刺激が加わりかえってお肌を硬くし乾燥させてしまうので、優しく行いましょう。

■角質肥厚

お肌の生まれ変わりのスピードが、約28日周期を超えて遅れてくると、古くなって役目を終えた角質細胞が剥がれにくくなります。約28日周期で、皮膚の下から上へと新しい細胞が生まれ変わることをターンオーバーといいます。

剥がれ落ちるべきものが表皮の一番上にバラバラになって重なり合うことで、新しく作られた細胞が古い細胞に埋もれてしまい作り出されにくい状況となります。

そうなることで肌は、日々のスキンケアの効果を最大限に発揮できないため、肌内はますますうるおいが不足し厚みがなくなるので、肌が硬くなっていき角質肥厚が起こり乾燥します。

角質肥厚が起きると、スキンケアが浸透しづらいだけでなく肌がくすんで見え透明感を失いますので、いち早く古い角質を除去してあげることが望ましいでしょう。

▼おすすめケア方法

月に2、3回のペースで、肌に負担がかかりにくいとされる肌を柔らかくしてくれる洗い流しのパックや、天然のハーブや植物を使用したピーリングを行い、余分な角質を取り除いてあげましょう。そうすると、格段にスキンケアの浸透率が高まり、ふわふわなお肌になりやすくオススメです。

■紫外線

肌内まで通過してしまう紫外線ですが、年齢を重ねたお肌は肌体力が弱いので紫外線を防御できず、侵入してくると角化リズムが崩れてきます。このため水分が奪われ乾燥してきます。

▼おすすめケア方法

少しの時間でも外出の際は、日焼け止めや日傘を使用するなどUV対策をして紫外線から防御しましょう。

いくら防御しても、ほこりなどの光反射でも影響は出るので紫外線を浴びたと感じたときには、一日の終わりに保湿力が高いスキンケアを使用し保湿しましょう。

保湿化粧水のつけ方にもコツがある

効率よくうるおったなと、肌実感が期待できる化粧水のつけ方をしていきましょう。

顔にのせたまま保湿!?

美容成分がたっぷり含まれたマスクが一番適していますが、無い場合はコットンでも代用ができます。

いつもお使いの化粧水をコットンにしみ込ませ、頬やおでこなど乾燥が気になる部分に貼り付けます。5分ほど経ったら顔からコットンをはがしましょう。

長い時間コットンを肌の上にのせたままですと、逆に肌のうるおいまで吸収されていく場合もありますので、この目安の時間を守りましょう。

はがした後は、清潔な手でお肌になじませるように力を入れず浸透させてあげましょう。

特にメイク前に行うと、表皮がうるおいで満たされるためファンデーションがお肌に密着して、見た目にも美しいお肌に仕上がります。

肌代謝を上げるようにつける

お顔には無数の筋肉がはしっており、その流れに沿って化粧水をつけてあげると血流の流れが良くなりお肌が温まります。

お肌が温まることで化粧水の浸透率が自然と上がってきて、たるみがちなお肌が改善されます。

では、部分ごとに化粧水のつけ方を解説していきます。

☆頬は鼻辺りからこめかみに向かってつけましょう。

顎から上へ向かって、3または4回に分けて行う方がまんべんなく化粧水が肌に浸透しますし、リフトアップも期待できます。

☆おでこは、眉毛から髪の毛の生え際に向かってつけていきましょう。

おでこは、毎日のドライヤーで髪を乾かすときの風によっても乾燥しシワになることもあるので、丁寧に保湿してあげましょう。

☆目元は、眉毛から目の下まで円を描くように優しく負担のないようつけましょう。

これらは代謝を上げる以外にもリフトアップにもつながりますので、朝晩のケアの中で気にしながら行ってみてください。

その際は手で押し上げるのではなく、すべらせるようにしてつけていくのが負担のないスキンケア方法といえるでしょう。

まとめ

年齢をくいとめることはできませんが、選ぶ物やケアを知ってお手入れを変えていくだけで、守ることはできます。

肌トラブルが増して美しさの追及を諦めることのないよう、ご自身の美へ向き合う時間を大切にしてくださいね。

その時に適したケアを行うことで肌はしっかり応えてくれますので、ぜひ参考にしながら日々のケアに取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です