プチプラで肌に優しい保湿化粧水ランキング!!コスパも良い!

プチプラでコスパのいい保湿化粧水を購入したい!!
と、思っている女性は多いのではないでしょうか?

実際にアンケートで調査してみると、プチプラの保湿化粧水を使っている女性が多く、惜しみなくたっぷり使えるから安い化粧水を購入したという女性が多いですね。

そこで今回は元化粧品会社の化粧品開発に5年以上携わった私がおすすめする『プチプラ+高質』な保湿化粧水をランキング形式で紹介していきます。

プチプラなのに、コスパも質も良い化粧水を選んでおりますので、ぜひ参考になさってください。

プチプラ保湿化粧水やコスパを知り賢く使おう

プチプラとはプチプライスの略語でその商品の値段設定が安く高級品まではいかないけれど、安い値段でも品質がとても良いものをいいます。

コスパとはコストパフォーマンスの略語で、価格と価値を対比させた度合いのことをいいます。また、価格に対して効果が高い場合はコスパが良いといいます。

その点から考えると、値段が高いから価値が高いとはいいきれません。

なぜならば、スキンケアの値段設定には美容成分の原料価格そのものではなく、

元々のブランドのイメージ費
研究費
CMなどの広告費
人件費
ボトルデザインにかかる製造時のコスト

などがかかります。

そのため、値段が高いスキンケアは必ずしも肌にいいとはいえないのです。ではなぜ1000円以下でも質がよくリピーターが多い商品があるのでしょうか。

それはできる限りパッケージやボトルデザインを省略化したことで、効果のある原料を配合することができたり、その効果を証明するための研究費に、しっかりあてられているからなんです。

それがどのようなものかしっかり見極めることが、質の良いプチプラスキンケアを賢く使えることにつながります。

安価な成分は肌トラブルをまねく

例えば、うるおい力があるセラミドという成分には種類があり、同じ構造で作る化学合成だと疑似セラミドという名で本物ではありません。

セラミド自体うるおい力があることは実証されていますが、高価であることから合成して作られることもあります

そのため、量産が可能になり安価で作られることから、比較的に価格が安い商品に入りがちです。

疑似セラミドにも良い面がありますし、人によっては合う方もいますが、化学合成のものは肌に負担がかかることもあり、肌トラブルの元となってしまう可能性もあります。

肌トラブルが起これば、バリア機能が破壊され一気に乾燥しやすくなり、それを改善するために余計にスキンケア代がかかります

せっかくプチプラスキンケアを使ったのに本末転倒なので、商品の裏の表示を一度見てみてもいいかもしれません。

化学物質名であったり、セラミド配合と記載あるのにその種類や全成分表示されていなければ、化学合成の可能性が高いでしょう。

プチプラ保湿化粧水おすすめランキングベスト3

安い価格のものは、ただ作るだけで刺激が強いものが多く、使用することで肌が荒れて余計に乾燥したり肌トラブルになることもあります。

そこで、下記にはとにかく価格が安いことはもちろん、肌に刺激がないのにうるおい力と浸透にこだわっている成分配合の化粧水を基準に選びました。

1位 ファンケルアクティブコンディショニングベーシック

販売元 ファンケル
内容量 30ml
価格 1,512円(税抜)
しっとり感 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★★ 5点
価格 ◎(1mlあたり50円)

アクティブコンディショニングベーシックのレビュー・口コミを見る

7秒に1本売れているほど人気が高いファンケルは、どのシリーズも価格が安いのに肌実感があるとリピーターが多いです。

この化粧水は防腐剤等が入っていない無添加スキンケアなので、私のような敏感肌の女性におすすめできる化粧品です。

添加物が入っていないので、肌がひりひりすることもないですし、べたつきも感じないところが◎

肌なじみもすごく良くて、100円玉ほどの使用量でも十分に顔全体が満足できるほどうるおされます。

アクティブセラミド配合

肌細胞を健やかに保ち、美容成分を肌内へ届けやすくするためにアクティブセラミドが配合されています。

そのため自らの肌を無添加の力で底上げしてくれるので、使えば使うほどメイクで隠さずとも素肌に自信が持てる肌になります。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でファンケル アクティブコンディショニング ベーシック 化粧液 II しっとりを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

48歳女性:愛用歴1年未満
48歳女性
『乾燥肌に悩んでいたのですが、とても潤ってしっとりしてます。』

以前は他の化粧水を使用していましたが、ファンケルアクティブコンディショニングに変えてからは乾燥することなくしっとりしてくれています。

ベーシックを使う前にさっぱりを使っていたのですが、ベーシックもいいですね。とろみがあって肌に吸い付く感じです。肌が潤ったからかニキビもできにくくなりました。気に入っています。無添加なので安心して娘と一緒に使用してます。

28歳女性:愛用歴1年
28歳女性
『シンプルで使いやすい』

私の肌はかなりの乾燥肌で、海外に引っ越しをしてからさらにひどくなりました。そこで無添加で肌に本当にいいものを探したところ、出会ったのがこちらのファンケルのアクティブコンディショニングベーシック。

これだけは肌がヒリヒリもしないし、赤くならなかったのです。夏も冬も使えるいいものです。

41歳女性:愛用歴1年半
41歳女性
『お肌がふっくらして、色が白くなりました。』

少しの量でしっかり潤ってくれます。初めは、ボトルを見ると小さいから1ヶ月もつのかな?と思いました。

使ってみると、他の化粧水みたいにバシャバシャ何度も付けなくても、1回で潤ってくれるので驚きました。

今まで、1回で潤ってくれる化粧水はなかったので、本当にアクティブコンディショニング ベーシックの良さを実感しました。

乳液も、ベタついたりしないので本当にいいです!

アクティブコンディショニングベーシックのレビュー・口コミを見る

2位 ちふれ 化粧水しっとりタイプ

販売元 ちふれ
内容量 180ml
価格 ◎(1mlあたり3円)
しっとり感 ★★★★☆ 4点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり3円)

ちふれ化粧水の口コミを見る

百貨店や薬局でも手軽に購入でき何といっても価格がとても安いのに乾燥対策がしっかりできます。肌の水分を保つ力が強いヒアルロン酸配合でべたつかずとも肌の角層内へ直ぐ浸透し内側からうるおいある肌が期待できます。

肌荒れや乾燥している方でたっぷりスキンケアを使ってケアしたい方にはおすすめです。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でちふれ 化粧水しっとりタイプを使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

53歳女性:愛用歴6年
53歳女性
『敏感肌の私にでも合って、肌荒れもないです。』

敏感肌の私はたくさんの種類を試してきましたが、肌荒れや赤いプツプツができたりして、中々一本使いおわらない間に調子が悪いのに気づきます。

敏感肌用の化粧品は割高で化粧水、乳液、美容液他を揃えるとコストかかります。

しかし、ちふれさんの化粧水は肌にあったのか調子がいいのです。リピートでもう何回も買います。

ミルキーローション(乳液)も買いました。お値段もお手頃でとても気にいってます。

36歳女性:愛用歴2ヶ月
36歳女性
『肌への刺激が無く安心して水分補給出来ます。』

30歳を過ぎた頃から突然、アルコール等が配合された化粧水が刺激になり合わなくなりました。

そこでお肌に優しく且つ保湿がたっぷり出来る化粧水が無いかなと探していたところ、ちふれの化粧水のしっとりタイプがかなり高評価でプチプラなので使ってみる事にしました。

ピリピリとした刺激が無く、とろみがあってお肌に吸い付いてしっとり潤います。

41歳女性:愛用歴3年
41歳女性
『お手頃価格で気持ちよくなれる』

お手頃価格で購入できるところが良いです。詰め替えができるので、容器が無駄になりません。

安い分たっぷり贅沢に使えます。少し多めに手のひらに出して、顔から首まで塗るようにしています。しっとりして乾燥知らずです。使い心地がいいので、ずっと同じものを使用しています。

35歳女性:愛用歴2年
35歳女性
『肌荒れが少なくなった』

何よりも特筆すべきは、お値段以上です!知人の美容外科のドクターにすすめられて使用するようになりました。

その方いわく、高くて質のいい化粧水はたくさんありますが、ちふれはお値段は低価格なのに、品質がとてもいいと。

コスパが抜群にいいし、何より使用感もすごくいいです。しっとりしてるのにベタつかない。

夏場はしっとりタイプの化粧水を使うとベタベタしたり、テカってしまうことが多いのですが、ちふれの化粧水ではそういうことはありませんでした。

36歳女性:愛用歴3年
36歳女性
『保湿に優れていてコスパが良い』

母が使っていて良いと聞いたので、私も使い始めてみました。150mlで500円と驚きの価格です。化粧水しっとりは保湿力に優れていて、だからと言ってベタつかない点にあります。

トレハロースなど万一口に入れても大丈夫な成分で作られているところも信頼しています。冬は乾燥から肌を守ってくれるので、私にとって化粧水しっとりはなくてはならないマストアイテムとなっています。

36歳女性:愛用歴4ヶ月
36歳女性
『コスパが高い』

年齢とともに乾燥が気になりだしたので使い始めたところ、べたつかないのにモチモチとして長時間保湿効果が持続するので助かっています。

他の高保湿化粧水を使っていたのですがベタベタとした使用感が苦手で、エアコンの効いている部屋だと乾燥していたのですが、それが無いので驚きです。

ちふれ化粧水の口コミを見る

3位 ハトムギ化粧水

販売元 naturie
内容量 500ml
価格 650円(税抜)
しっとり感 ★★★☆☆ 3点
肌なじみ ★★★★☆ 4点
価格 ◎(1mlあたり1円)

ハトムギ化粧水を実際に試してみた

☆おすすめポイント☆

最近ネットを中心に、価格が安いのに肌がモチモチして特に乾燥時には、救世主スキンケアとして役立つと人気を集めています。

天然植物のハトムギを使用しており、保湿機能が高く肌の生まれ変わりを助けてくれることで、よりスキンケアの浸透率が高まるのが特徴です。

少しサラッとした使用感ですが、肌内へグングン入り込んでいく感じがあり心地よく使えます。

★口コミ★

今回はcrowdworks(クラウドワークス)でnaturie ハトムギ化粧水を使っている女性に愛用歴や魅力をアンケート形式で調査しました。

36歳女性:愛用歴1年
36歳女性
『ばしゃばしゃ使えるところです。』

とにかく値段が安くケチって使わなくてもいいのでとても使いやすいです。

コットンをびしゃびしゃになるぐらい濡らし、肌をしっかり保湿できるように念入りにパッティングしています。

顔だけではなく体にも気兼ねなく使えるのがとても嬉しいです。夏は化粧水を冷蔵庫に入れて冷たくしてから顔、体全身に使っていました。

31歳女性:愛用歴3ヶ月
31歳女性
『毛穴が引き締まってきた』

浸透が良くて肌になじみやすくベタつきません。自然由来の成分のため生理周期で肌が敏感になる時期も安心して使うことができます。

またお手頃価格で大容量なので、惜しげもなく使えるのがとても嬉しいです。肌のキメが整ってきて明るくなったような気がします。

36歳女性:愛用歴5年
36歳女性
『コスパがよく、惜しみ無く使える。』

さっぱりしているので夏には冷蔵庫で冷やして毎日パックしています。そのお陰で、日焼けしても赤くならずに日焼けもしないで済んでいます。

たっぷり使えるので何度も重ねづけでき、モチモチ肌になりました。使ううちにくすみも取れて来たので、手放せない化粧水になっています。

26歳女性:愛用歴約1年
26歳女性
『やはり低価格で大量に使えるので気持ちが楽です』

今まではそこそこの値段でそこそこの量が入った化粧水を使っていましたが、そこに脂性肌向きのものやニキビ予防の機能性などを求めると値が張ってしまい、買いに行くたびに気が重くなっていました。

しかし、このハトムギ化粧水は600円程で500mlという大容量。心置きなくコットンにたっぷり染みこませて洗顔後のケアは勿論、前夜に塗ったニキビの薬を拭き取るのにも使っています。

ストレスなどでも肌が荒れるといいますが、このハトムギ化粧水なら精神的負担も軽減され、気持ちよくお肌のお手入れもできて助かっています。

肌荒れに関しては、現段階では特にこれを使って荒れたということもないので安心しています

29歳女性:愛用歴約2年
29歳女性
『惜しみなく使える』

大容量で、優しい価格設定なので、惜しみなく使えるところが気に入っています。

化粧水といっても、少しとろみのあるようなテクスチャーなので、これを顔にバシャバシャとつけていくだけで、乾燥など気になりません。

また自然派の化粧水でもあるので、肌にも安心ですし、無駄な工程を省くこともできながらしっとり感が続くので、手放すことができません。

ハトムギ化粧水を実際に試してみた

プチプラ保湿化粧水だからできること

低価格だから無駄使いしやすいということではなく、継続しやすい価格だからこそ役立てれる良い点がプチプラスキンケアにはあります。

ただ普通にケアするだけでなく、他にもどんな使い方があるのかご紹介していきます。

集中保湿マスクとして代用できる

例えば肌が乾燥した際には、集中美容マスクが一番効果があるのですが、家になければコットン全体にたっぷりひたひたになるまで染み込ませ、頬など乾燥が気になる部分につければ集中マスク代わりになります。

外出時に起こりやすい応急処置にも役立つ

外出時、身体や肌に紫外線を多く浴びたとき赤みが出たりほてりが出てきて、そのままにすればひどい乾燥が引き起こされます。

首やデコルテ、または腕にもつければ保湿できるので、その日のうちに対処することが将来の美肌を守ります。この方法は応急対処法でのおすすめ方法です。

毎日スキンケアの適量より多く使うと、ある程度外側から取り入れられる量が角質層の中で決まっているので、無理やり入れ込むと肌にとても負担がかかるので適量を守りましょう。

また、普段と違ったこういうケアは、いざという時に使用するようにし、このような使い方もあることを覚えておくといいでしょう。

たっぷり顔につけたい時におしみなく使える

肌の角層という部分には、外側からつけるスキンケアを抱え込む層がありますが、ある程度溜め込む量が決まっているので、多く付ければ肌がうるおうということではありません。

しかし、日中乾燥が気になったりケアの際スキンケアを適量つけたのに、まだカサカサ感じるようであればバリア機能が乱れてきています。そのような時には、肌内の水分が過剰に出ている状況なので、肌内は干からびて乾燥が目立ってきます。

乾燥が悪化すれば、翌日のメイクのりにも関係してくるのでその際には2度付けしましょう。

プチプラであれば継続しやすい価格ですので、角層内にしっかりうるおいをため込めるまで惜しみなく使えるところが、プチプラスキンケアの良いところでもあります。

まとめ

人によって高い安いの価格基準はありますが、一般的に上記で紹介したくらいの価格がプチプラと呼ばれています。そしてコスパも良くなっています。

この価格であれば、惜しみなくたっぷりと使えるのではないでしょうか。今はプチプラでもかなり質の良い商品が店頭に並んでいます。

安いだけなのか、それともその中でもこだわって作られているのか見極めて、自分のお肌に合った保湿化粧水を選べたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です