スプレータイプ化粧水だけのケアは実は危険なこともある!!

日中も保湿したいけどボトルは持ち運べないし手軽にケアできたらいいなと思う方は多いのではないでしょうか?

外出時に乾燥が気になった際洗顔からスキンケアまで一から順に行うことは難しいけれどどんどん肌はカサカサしてくるしメイク崩れも気になるのは放置したくないですよね。

そんな時速効でいつでもどこでも対処できる持ち運びができる小ぶりのスプレータイプの化粧水が活躍します。

しかし、スプレータイプの化粧水の使い方を間違ってしまうと、かえって肌荒れや乾燥を引き起こしてしまう危険性もあるのです。

スプレータイプの化粧水は使い勝手が良い

スプレータイプの化粧水とは持ち運びできる一時的な肌の保湿用化粧水のことで肌の乾燥が気になった際いつでもどこでもサッとケアができる噴射型のスキンケアのことです。

化粧ポーチやカバンの中でも場所を取らないほどの小ぶりなサイズが多く、肌の保湿以外にもメイク直しの際ファンデーションやアイメイクのヨレ直しにも使えるなど利便性が高く最近だと美意識の高い女性は持ち歩いていますね。

実際に私もスプレータイプの化粧水は化粧ポーチに入れて常に持ち歩いていますよ♪

>>ミスト化粧水(スプレータイプ)おすすめランキング!

外出時特にメイクしていると肌の乾燥が気になっても一から順にスキンケアをつけることはなかなかしにくい状況なので、細かい粒子となって噴射されるスプレータイプの化粧水は乾燥が気になる方の味方アイテムです。

また紫外線によって肌や身体がほてった際にも一時的にほてりを抑えてくれるので様々なシーンで使い勝手が良く人気が高いのがスプレータイプの化粧水です。

スプレータイプの化粧水は何が危険なのか!?

乾燥が気になる方には持ち運びできる保湿化粧水として利便性があるスプレータイプの化粧水ですが、実は使い方によっては今まで以上に肌乾燥まっしぐらにさせる危険なケアであることも事実です。

危険な理由

日中肌が乾燥したなと感じた際に、スプレータイプの化粧水を肌にサッとふりかければ一瞬肌がうるおったように感じるのでカサカサ感が治まるような肌実感になりますが、実はそこが落とし穴なのです。

もともと化粧水には肌内に与えた水分が逃げないよう蓋をする役割がないので、スプレータイプ化粧水だけのケアは一時的な保湿です。

スプレータイプの化粧水自体に蓋をする役割がなければ付けた瞬間から肌から蒸発してしまい、元々あったうるおいまで無駄に奪われることから人によってはつければつけるほど乾燥してきたと感じる方もいるでしょう。

肌が乾燥すると肌表面のうるおい力に関係する角層内のバリア機能という部分の水分と油分の量が極端に減ることで配列が乱れます。

配列が乱れるとどれだけ外側からスプレータイプ化粧水をつけても肌にうるおいをとどめてくれる機能が肌内にもないので何度付けても蒸発し続けます。

蒸発し続ければ乾燥が悪化し痒みや赤みが出たりと肌トラブルを引き起こします。

スプレータイプ化粧水意外でも化粧水だけのケアには危険がある


基本的に化粧水は肌に水分を与える役割なので、その後に肌内に取り込まれた水分に蓋をする役割の乳液を付けなければ肌から蒸発し続けることからスプレータイプ化粧水だけが一概に危険とは言い切れません。

化粧水は肌に水分を与える役割からスプレータイプに限らず、化粧水だけ肌につけるケアは乾燥を悪化させる最も危険なケアなんです。

乾燥が気になる方は普段のケアから化粧水、美容液、乳液と順に丁寧にケアすることが一番の肌改善方法です。

特に毎日忙しい方はスキンケアにかける時間がとても短いのが特徴です。

例えばお風呂上りにとりあえず手軽に片手でも使えるスプレータイプの化粧水をつけて髪を乾かしたり他事をしたりとやりがちです。

洗顔後は肌が無防備な状態なので、一秒でも早く丁寧な保湿をしないと肌内から水分が奪われ乾燥してしまいます。

この場合はスプレータイプの化粧水が肌に合わなかったのではなく、スキンケア方法に問題があるのでスキンケアのやり方を改善すれば乾燥も改善しやすいでしょう。

アルコール配合はもっと危険!?

様々な種類のスプレータイプの化粧水が各メーカーから登場しており、中には付けた瞬間肌になじんでべたつかずともサラッとするようなものもありますが、それは本当に肌になじんでいると思いますか?

肌につけてすぐサラサラとなじむのは浸透していないこともある

化粧水には肌にとって効果の期待できる訴求性分と精製水、水溶性成分で作られており、その中には保湿剤とアルコールも含まれています。

化粧水の中にアルコールが含まれていると揮発率がとても高い成分なので、肌に付けた瞬間サッとなじんでサラサラしたように思えてしまいます。

思えてしまいますが、

それが本当に肌に浸透しているとは限りません。

それは化粧水自体が肌に浸透している場合とアルコールで揮発している場合があるので、その肌感覚が本当に肌に浸透しているとは限りません。

そのため乾燥している肌につければ肌に美容成分が溜め込みにくい肌質が乾燥肌なのに、そこにアルコール配合のスプレータイプ化粧水でさらに乾燥に拍車がかかりますので気をつけましょう。

スプレータイプ化粧水の正しい使い方

より乾燥をまねく危険性がありながらも外出時に一時的にでも保湿ケアができるのは肌にとって嬉しいことです。

そこで蒸発しにくく乾燥に負けない正しいスプレータイプ化粧水のケア方法をご紹介していきます。

つけっぱなしはダメ

肌にシュッと付けただけでは間違いなく肌から蒸発するので保湿の意味がありません。

付けたら軽く手で押さえ肌に浸透させるようにしましょう。

外出時では乳液でうるおいをとじこめれないので、その場合は保湿力の高いファンデーションを上から重ねるといいでしょう。

もしその後肌が乾燥した感じがあればその夜しっかり通常の保湿ケアを丁寧に行うことが必要ですね。

スプレータイプの化粧水を使用する時点で少なからず乾燥が気になっているから使用していると思います。

一時的なスプレータイプ化粧水ケアを日中もしているからと満足せず、日々のケアも充実させ応急処置としてスプレータイプ化粧水を活用するのが賢く肌を美しく保てる秘訣です。

身体につける際にも手でしっかり浸透させて特に紫外線を多く浴びたと感じたときには、夜のケアでクリームをつければ紫外線からの乾燥を防ぐことができるのでおすすめケア方法です。

実際に私もミスト化粧水はいつもカバンに入れて持ち歩いています♪私がおすすめのミスト化粧水を3つ紹介しているので見てみてくださいね。
↓↓↓
>>ミスト化粧水(スプレータイプ)おすすめランキング!

最後に

スプレータイプは上手く使えばとても日常で使い勝手が良いスキンケア方法なので余計に肌にトラブルが起きるなど問題が発生しないよう正しい知識と肌状態に合う対処法を身に着けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です