ちふれと無印の化粧水を比較!!どっちがいいの? 

ちふれ化粧水も無印化粧水もプチプラ化粧水として人気がありますが、ちふれと無印化粧水はどのような違いがあるのでしょうか?

無印化粧水とちふれ化粧水の口コミや価格などあらゆる観点から比較してみました。

無印良品の化粧水とはどんなもの?

無印良品では、いくつものシリーズのスキンケアが発売されていることが知られています。

最近では脂性肌用の「クリアシリーズ」が発売されて、スキンケアの種類としては4つのシリーズが発売されています。

今回はその中でも大人気の「無印良品 敏感肌用 高保湿」についてご紹介します。

無印良品では、早いうちから敏感肌用のシリーズを発売しています。

さっぱりタイプ、しっとりタイプから、より敏感肌に必要な高保湿タイプを発売。

成分としては、DPG(基剤として使用され他の保湿成分の効果を高めます)、グリセリン、ヒアルロン酸Na,肌の保護成分として効果の高いグレープフルーツ種子エキス、スベリヒユエキスや、保湿成分のリピジュアRを配合していることと、水は岩手県釜石の天然水を使用していることが特長です。

無香料無着色、パラベンフリーのアルコールフリーというのも肌に優しいポイントとしてあげられます。

ちふれの化粧水とはどんなもの?

ちふれと聞くと、「老舗」というイメージをお持ちになる方も多いのではないでしょうか?

ちふれは1959年に創業のまさしく老舗の化粧品会社です。それまでの化粧品の高価さから女性を解放したいという思いから生まれた会社ですから、そのお安さについては折り紙つきです。

化粧水には、「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」が通常タイプであり、美白シリーズにも「さっぱり」「しっとり」タイプがあり、エイジングケアシリーズが発売されています。

今回は「とてもしっとり」タイプをご紹介しましょう。

とろっとした使い心地で、もっちりすいつく肌に導く化粧水です。

エリスリトールという成分が水分の蒸発を防いで、ヒアルロン酸やトレハロースなどの保湿成分の効果を高めます。

また、肌に負担をかけるアルコールを入れていないこと、詰め替え用があるということもちふれ化粧品の大きな特徴ですよね。

無印とちふれの化粧水価格を比較

無印化粧水の価格

価格に関しては無印良品はかなり優秀と言えます。

200mlで税込690円です。

また、肌に合っていてなおかつシートを使ってローションパックをしたい人には400mlで1190円という商品も発売されています、

こちらは正直、店舗で買って買えるには結構な重さですが、リピーターには大変コスパもよくて助かる商品となっています。

無印化粧水の購入方法は?

無印良品の店舗はけっこう多いので、あちこちで購入することができますし、無印良品にはネットストアがあることが有名です。

都市部であればお仕事帰りに無印に寄って買っていこう、ということができますが、ちょっと地方になってしまうと無印良品のネットストアを利用するしかなくなってしまい、クレジットカードを持っていない人であれば代引になるという点がちょっと不便と言えば不便ですね。

5,000円以上の購入でないと送料がかかってしまうので、この価格で言うと結構な量を買わなくてはなりませんし、じつはネットストアの方が欠品している商品も多かったりするので、導入液を試そうかと思った時に「キーッ」となることもあるのでご注意を。

ちふれ化粧水の価格

価格は、180ml入りで驚きの604円で、詰め替え用は150mlで496円と激安です!

この効果でこのお安さ、何かあるに違いないと思いますが、効果も折り紙つき。

効果についてはクチコミで確認していきましょう。

ちふれ化粧水の購入方法は?

ちふれ化粧品は、ドラッグストアでもオンラインショップでも購入することができます。

詰め替え用もエイジングケア以外は基本的にはどこのドラッグストアでも購入することができるのが嬉しいですよね。

ドラッグストアで買うことができるということは、そのお店のポイントが貯めやすかったり、そのお店の割引デーを利用しやすいという利点があります。

これは都市部以外に住んでいる人にとってはとっても嬉しいことです。

無印とちふれ化粧水の口コミを比較

無印化粧水の口コミ

クチコミに関しては、高保湿のタイプは姿勢肌の人にはちょっとお好みではないようですね。

クチコミと言えば@コスメですので、そちらからいくつか見てみましょう。

・これを使ってからニキビができなくなりました。2、3回リピしてます。夏はしっとりタイプを使っていますが、冬になると高保湿に戻してます。導入液を先につけるとめっちゃしっとりします。(☆7 17歳)

・娘が使っていて自分でも時々使っています。いろんな化粧水を使ってみて、それなりの値段の化粧水よりも、これくらいのパシャパシャ感がある化粧水の方がスッと肌に入っていく気がします。(もちろん無印良品の導入液を使っての感想です)そういう意味でも、この化粧水はお値段もお安く、でも化粧水としての機能としてはこれでも十分なコスパを得られます。私くらいの年齢ではこれだけではやはりアンチエイジング的にもう少し物足りないのですが、他に美容液を使ったりパックを使ったりなどプラスアルファをするのであれば化粧水はこれでいいかなと思います。

使ってたものがなくなったり、ほかのものを使うのを迷っているとか困ったときのつなぎとしても安心して使うことができるのではないかと思います。(☆5 47歳)

・通常は大丈夫だが、痒みがでるような極度に乾燥した時には全く回復しない(☆3 39歳)

『テストする女性誌LDKでも、毎回上位に入るだけあって、クチコミもかなりの高評価のものが多いですね。価格から言ってもたしかにいつものがなくなったけどそんなにお金がないー!という時の救世主にはなるかもしれません。

ちふれ化粧水の口コミ

さて、@コスメでのクチコミを見ていきましょう。

・気になっていたメーカーでしたので、今回お試しで購入してみました。今のところ、肌トラブルもなく、使えています。保湿も、値段の割にしっかりしてくれてると思います。(☆5 35歳)

・とてもお気に入りです!お値段が良心的で、しっとり感もなかなかよい感じです。
詰め替えがあるからまた便利!なくなったらまた買います。(☆5 39歳)

・使用し始めは可もなく不可もなく安価でも必要な仕事はしてくれる印象でしたが、冬の乾燥のせいか一時期肌がガサガサボロボロ赤剥け状態となり、ワセリンしか濡れなくなっていて困っていた時に、思いつきでこれを贅沢使いしてコットンパック。毎夜数日続けたら肌が落ち着いてくれました。
以来、これをたっぷりコットンパック→保湿クリームで悪化はありません。ありがとうちふれさん!皮膚科行かなきゃと思うくらいでしたが、結局は保湿不足、それをよい感じで補ってくれています。(☆6 44歳)

クチコミからもわかるように、クチコミは4から6がとても多くて、それ以下を探すのが大変なくらいでした。保湿効果はかなり高いと言えるでしょう。

無印とちふれ化粧水の使い方アレンジ方法

無印化粧水の使い方アレンジ

こちらは、クチコミでもあるように、ローションパックをするのには本当に惜しげもなく使える価格ですし、同じ無印良品からもローションの蓋に固まったシートパックを入れ、そこに化粧水を注ぐとローションパックにちょうどよくシートが濡れて、使うということができますから、これは便利ですよね。

ただ、一つ難を言えばこの蓋に入れるタイプのシートはベチャベチャに濡らさないと顔にアトがつきやすいということが…。

エイジングケアの一環でローションパックをする場合には、はがした後にちょっとがっかりするかもしれません。

また、注目すべきは今大人気の導入液。

これを使うことで化粧水の浸透が格段によくなるということで、発売当初はどこの店舗に行っても欠品だった、という経験をした人も少なくないでしょう。

使い方アレンジとは少し違うかもしれませんが、物足りないな、という時に導入液を使ってからローションパックをするというアレンジもオススメですね。

ちふれ化粧水の使い方アレンジ

クチコミのところでも多くの方がされているように、このお安さだとローションパックを心おきなくできるというのがいいですよね。

毎晩ローションパックしていてもそんなに「もうこんなにない!」という感じにもならないのがちふれの良さです。

私は肌の調子がイマイチな時は毎晩毎朝ローションパックしていますが、そうするとトラブルもどこへやら、なめらか肌を保てています。

これも詰め替え用も買いやすくて、別な大きなボトルに詰め替えることができるおかげだと思っています。
ローションパックしていても乾燥がひどい時は、美容液も重ねると効果てきめんです。

ちふれは化粧水も優秀ですが、他のアイテムも優秀ですのでそちらとの組み合わせもしやすいのが嬉しいですね。

無印良品とちふれ、結局どっちがいいのか?

こうして見てみると、どちらにも良い点が沢山ありますよね。

無印には沢山の種類があったり、大容量があったり、無印良品で出しているローションパックを一緒に使いやすいように工夫されていますし、敏感肌タイプとして謳われているので敏感肌で化粧水ジプシーをしている方には心強いとは思います。

が、私はあえてちふれの方をオススメしたいと思います。

それは、詰め替え用があるために、好きなボトルにどっさり入れることができることや、ローションパックの効果がものすごく高いということ、地方のドラッグストアでも買いやすいということ、何よりも価格がお手頃であるということが理由です。

現代女性は忙しくて、スキンケアにお金をかけたり時間をかけたりすることって難しいですよね。

そういう時に、ちふれのようなプチプラでなおかつ効果の高いローションパックをすることができて、その間に家事をちょちょいと済ませたり(私はしょっちゅうローションパックしながら洗濯したりしています)することができるというのはとても助かるなと思うからです。

いずれにしても、化粧水というものはお好みですし、まだまだ化粧水ジプシーを続けられている方には、ぜひ一度試してみてほしい商品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です