出産後に肌トラブルが起きたらどうする?

出産には、大きな喜びがありますが、その後の子育てや自分のケア、家事の分担などでもトラブルが起きやすく、最近では「産後クライシス」という言葉も広く知られるようになりましたね。

今回は、出産後にママの体に起きやすいトラブルについて考えていきましょう。

出産後に起きやすい肌トラブル

出産後の肌トラブル:ホルモンバランスの変化による肌荒れ

妊娠中には、女性ホルモンの「エストロゲン」「プロゲステロン」が多く分泌されています。

エストロゲンは血管や骨を丈夫にしたり、肌にうるおいを与えたりと重要な役割を果たします。

プロゲステロンは、受精卵の着床と継続に欠かせない、よく保健体育の授業で「受精卵のためにふかふかのベッドを作る」と表現されたものです。

通常の生理が来ている時だとこのプロゲステロンの過剰分泌でPMSになったりする人もいるのですが、妊娠中にはバンバン出ていてもらわないといけないホルモンなのです。

出産すると、この二つのホルモンが通常レベルに激減します。特にエストロゲンが減ってしまうと乾燥や肌荒れの原因になってしまうのです。

また、授乳中には今度は「プロラクチン」というホルモンが増えます。

これは母乳を出すのに欠かせないホルモンですが、攻撃性が増したりするなどの作用もあります。産後クライシスのもとにもなりうるホルモンですね。しっかり授乳して、排出することが必要なようです。

このように、ただでさえ女性は生理などでホルモンバランスが崩れやすいのですが、妊娠、出産後にはまた大きくホルモンバランスが乱れます。このため、乾燥をはじめとする肌荒れが起きやすくなるのですね。

出産後の肌トラブル:便秘

便秘には、妊娠中から悩まされるママさんが多いようです。

水分不足や運動不足になりがちな妊娠中。育児中もいつも疲れているわりには運動はできていないという人も多いのではないでしょうか?

また、赤ちゃんの様子に気を配るあまりリラックスタイムがとれなかったりして、自律神経の働きが悪くなり、血流が滞って便秘になったり肌荒れになってしまうケースも少なくないようです。

母乳で育児をする場合、当然ですが母乳とともに水分は赤ちゃんのもとへ届けられます。気付かないうちに水分不足になってしまって、結果便秘になってしまうママも多いようです。

出産後の肌トラブル:寝不足・疲労

夜泣き、おむつ交換、夜中の授乳などで、子どもが夜にぐっすり寝てくれるようになるまでには時間がかかります。

当然ながらママもそれに合わせて起きてあやしたり、授乳したりして寝不足になってしまい、成長ホルモンが出る時間に寝るということが難しくなりがち。

寝不足は美肌だけでなくいろんなものの大敵だと分かっていても、育児の前にはなかなかどうすることもできない、というのがありますよね…。

疲れを取りたくても、眠る時間も確保できないのにどうしたらいいんだというママさんも多いようです。

出産後の肌トラブル:育児へのストレス

育児ノイローゼという言葉があるくらいですから、赤ちゃんはひたすらかわいいけれどもそれは機嫌が良い時に限る、というママの本音も聞かれます。

どうやったら泣きやんでくれるのか、赤ちゃんがぐずったら困るから公共交通機関に乗るのが怖いというママの声も多いようです。

そういったストレスも、肌荒れを起こす立派な原因になるのです。

出産後の肌トラブル:抜け毛

肌荒れとは直接関係ありませんが、出産後に大量に髪が抜ける、というお話を聞いたことはありませんか?

元々髪が編みこみにするとしめ縄みたいだったという人でも、びっくりするくらい抜けて、心配になったという話を聞いたことがあります。

元々毛量の少ない人にはこれも大きなストレスになってしまいますよね。

出産後の肌トラブル:しみ・そばかすの増加

妊娠中にはメラニンが豊富に作られてしまうので、シミができやすいということも知られています。

また、元々メラニン色素が多い箇所(乳首や脇の下など)の黒ずみが気になる方も多いようです。

出産後の肌トラブル:アレルギーによる肌荒れ

ごくごくまれにですが、それまでアレルギーが出なかった方が出産後に金属アレルギーになってしまうことがあるようです。

これまで述べてきたように、肌質そのものが変化して、アレルギー体質になってしまうため、これまでのスキンケアが合わなくなったり、身につけられていたものがつけられなくなって肌荒れの原因となることも多いようです。

出産後の肌トラブルに対策はあるの?

これまで、様々な産後の肌トラブルや身体に起きるトラブルをお話してきましたが、もちろん改善するための対策もあります。

肌トラブル対策:ホルモンバランスの乱れ

出産後のホルモンバランスの乱れについては、出産後徐々に落ち着いてくるので、あまりにもめまいがするだとかイライラが酷いという場合でなければ、十分な休息を取りリラックスして過ごすようにしていると症状は落ち着いてくる場合が多いようです。

しかし、産後にしばらくご実家でゆっくりさせてもらうこともできなくて、休息をとるのも無理である場合、早めにかかりつけの婦人科を受診しましょう。

ホルモン剤を処方してくれたり、授乳に影響のないお薬を出してくれることでかなり解消されます。

肌トラブル対策:便秘


便秘には、水分不足と運動不足が原因としてあげられますが、食生活も関係してきますよね。

できるだけ赤ちゃんと一緒に飲めるノンカフェインのお茶や、赤ちゃんが眠るのにも香りがよくてリラックス効果のあるハーブティーなどで水分をよく摂るようにしましょう。

また、最近ではマタニティヨガなども流行していて、妊娠中からも行えるヨガの本が出ていたり、教室があったり、産科で行っている場合もあるようです。

ヨガの赤ちゃんが寝ている間にヨガを行うのもいいですし、簡単なストレッチ(腸を刺激するようなうつ伏せから起きあがって骨盤あたりから胸を伸ばす)でも効果がありますので、授乳中に便秘になって肌荒れになったらお試しください。また、ヨガの深い呼吸が心身を落ちつけ、ストレス解消にもつながりますので、美肌にも効果的です。

また、食生活を見直すことも大事です。

授乳中はどうしても母乳に影響があるのでは…と心配しがちですが、食物繊維の多いキノコ類やヨーグルトなどは母乳にも栄養を与えるよい成分です。

赤ちゃんの離乳食などの成分が、意外にも便秘解消に役立つことがありますので、簡単なもので済ませてしまおうというのではなく、玄米に替えてみるとか、豆製品を多めに食べてみるとか、これまでとは味覚が変わる人もいますので、食材選びに変化をつけてみましょう。

肌トラブル対策:寝不足・疲労(育児へのストレス)


これについては、もう思い切って赤ちゃんが寝る時には一緒に寝てしまうというのがオススメです。

赤ちゃんは一日の大半を寝て過ごすのですが、困るのは日中ママはやることが沢山あって、夜にくたくたになってしまうというパターンが多いということですよね。

洗濯物が溜まるとかいうストレスもあるでしょう。

大人の洗濯物は洗濯機を回している間に赤ちゃんと散歩に出て、気分転換を図るとか、思い切ってコインランドリーに何もかもお任せしてしまうとか、お掃除はモップ掃除に切り替えておんぶしながらするとか、ものすごく簡単なものに切り替えてみるというのがよいでしょう。

ママと一緒に眠れるというのは、赤ちゃんにとっては安心感につながりますし、ママも疲れないし一石二鳥です。

イヤまだホルモンバランスが戻ってない人には完全に疲れは取れなくてつらいとは思いますけども。
パパがお休みの日に家事をまとめて手伝ってもらって行うのもオススメ。

シングルマザーの方で、お友達やご実家にお手伝いを頼める方は家事の一部をお願いするのがよいですね。

とにかく、ママが疲れやストレスをためないように気分転換や疲労回復の工夫をするということがママの美肌とキレイのため、赤ちゃんのためになります。

中には、自分のスキンケアがちゃんとできないことがストレスになる方もいらっしゃるかもしれません。

そういう方にオススメなのはオールインワンジェル。

最近のオールインワンジェルはなかなか優秀なものが多いですよね。プラセンタエキス入りのものやビタミンAが入っているもの、あとはオールインワンジェルではありませんが夜に化粧水をつけたら塗って眠るだけでうるうる肌になれるパックもオススメ。

洗顔の後にハンドプレスするだけでも気分が変わりますよ。

肌トラブル対策:抜け毛


これについては、ある時期を越えるといったん落ち着いてきますので、特に心配される必要はないと言われています。

しかし、どうしても薄くなりすぎて気になるという方には、女性用の育毛剤が色々出ていますのでチェックしてみてください。

肌トラブル対策:しみ・そばかす増加


妊娠中にできたしみやそばかす、また黒ずみについては、月日がたつと薄くなってくるものが多いのですが、どうしても気になってしまうこともあるでしょう。

ホルモンバランスの変化でこれまで使っていた美白化粧品が合わなくなることもありますよね。

乳首については色が濃くなってしまうのはもう授乳で酷使されるので薄くなるというのは月日が解決することはありませんが、今は部位専用の美白化粧品も出ていますので、気になる方はそちらをお試しください。

これまで使っていた美白美容液が合わなくなったという方は、敏感肌用の美白化粧品を取り入れることをオススメします。

増えたんだったらより強力なものがいいんじゃないの?と思いがちですが、授乳中のママの肌はとても敏感。

できるだけ労わるように心掛けてくださいね。

肌トラブル対策:アレルギーによる肌荒れ

前述したように、ホルモンバランスが崩れて体質そのものが変わる人がいるので、スキンケア全体を見直さなくてはならないというのが妊娠中・産後。

アレルギーが出やすくなってしまった人は敏感肌用のラインに変えることをオススメします。

先程、オールインワンジェルをオススメしたのですが、敏感肌でも使えるオールインワンジェルも沢山出ていますね。

にもできるくらい、妊婦さんに優しい時代です。いくら丈夫な人と言っても妊娠中・産後は予想以上に敏感になりがちです。

オールインワンジェルが合わないという場合は、敏感肌用のスキンケアラインにするか、ライン使いしている時間も余裕も一切ないという方にはとりあえず化粧水を付けて、乳液を飛ばしてクリームをやさしく塗りこむ、というやり方がオススメ。

それから紫外線にも敏感になりがちですから、日焼け止めも塗っておけば朝のスキンケアとしてはバッチリです。

敏感肌用のBBクリームやCCクリームが出ていますので、ファンデもいらない手軽さです。

赤ちゃんが夜泣きや授乳でママもパパもみんなが疲れるという時期は、きっとご本人にとってはおそろしく長く感じられる事と思いますが、思い返すと一瞬だと多くのパパママが言います。

その時期を、どうぞ工夫しながら美肌をキープすることで少しでもストレスなく、たのしく過ごすことができますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です