ドモホルンリンクルとSK2を徹底比較!どっちがいいの?

エイジングケアと言えばドモホルンリンクルが一番に浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

あまり名の知れていないモデルさんや一般の主婦の方かな?と思わせる方をCMキャラクターに起用し、丁寧に使用プロセスや感想を伝えるCMはインパクトがありますよね。

時には江守徹さんがナレーションを担当したりすることもありましたね。また、お試しが完全無料というのもインパクト大です。

一方、桃井かおりさんを一番最初にCMキャラクターに起用し、「50代60代、桃井みたいになりたかったらSK2」というようなイメージのコピーを使っていたSK2。あれはすごいインパクトでした。

「桃井になれるの?」と誰もがうずうずっとしたと思います(実際は慣れないのは分かっていても)最近は綾瀬はるかさんといった若いCMキャラクターを起用し、早いうちからエイジングケアを始めようと訴えています。

どちらも実力のありそうなアイテムですが、今回は化粧水に絞って比較検討しちゃいます!

現在ドモホルンリンクルのお試しセットがただで注文できちゃいます♪
(クレジットカード情報も入力する必要がありません。)

「ドモホルンリンクルは価格が高いから買えないけど、一度は使ってみたい。」

という女性はこの機会にぜひ一度試してみてくださいね。

ドモホルンリンクルを試してみる

ドモホルンリンクルとSK2比較!特徴と成分はどうなってるの?

ドモホルンリンクルの特徴や成分

いかにも実力のありそうなドモホルンリンクルなのですが、成分などについてはあまりCMで印象に残っていないのは私だけでしょうか。

どんな成分で構成されていて、どんな特徴があるのかをお伝えしていきましょう。

ドモホルンリンクルは、基本的には4ステップ(クレンジング・洗顔除く)のスキンケアラインです。

その中で、化粧水の役割を果たすのは、「保湿液」と呼ばれる独自の商品です。

特徴としては、以下のようになります。

・独自のコラーゲン、独自配合のヒアルロン酸:この独自配合のヒアルロン酸ですが、お肌の表面にとどまり、外からうるおいを与える大きな分子のヒアルロン酸と、速やかに角層の内部にまで浸透し、中からうるおいを与える小さい分子のヒアルロン酸のW処方。分子の大きさの異なるこのヒアルロン酸のバランスにこだわり、お肌をうるおいで満たします。

・泉州水茄子エキス:保湿成分を後押しする力に優れているこのエキス。聞きなれないエキスですが、これがヒアルロン酸以外にもうるおいを与え、キメを整えていきます。

・イチゴ花エキス:天然保湿因子の働きに加えて、肌のうるおう力をサポートします。

・鱧(はも)の皮からとれる水溶性コラーゲン:肌表面に対する保湿効果と荒れた肌を整えてなめらかにする効果を高めたり、化粧品の質感や使用感を向上させます。

・テンサイからとれるベタイン:皮膚への浸透力に優れており、柔軟性と弾力性が高いので、しっとり感を向上させたり、皮膚をなめらかにしたり、べたつきを抑える目的で高い化粧水や乳液に配合されることが多い成分です。

いくつか特徴と言える成分をご紹介してきましたが、ドモホルンリンクルの一番の特徴は、成分のほとんどのものの由来が「食べ物である」ということです。多くが保湿成分であることから、お肌がもっちりとうるおい、手のひらがぺたっと吸いつくようなうるおい感を実感できると言います。

全成分をチェックしてみましたが、パラベンは含まれていないようです。

製品の保存成分に関しては、ラベンダー油などが殺菌効果を発揮するので、それで品質保持を行う処方のようです。

徹底的に食べられる原料から、肌に優しいものを作りたいという作り手の思いやりと意気込みが伝わります。

SK-2の特徴や成分

SK-2というと、綾瀬はるかさんが現在主にCMキャラクターを務めており、30代からのエイジングケアを推奨しています。今回は、化粧水にあたる「フェイシャルトリートメントエッセンス」をご紹介します。

90%以上がSk-2独自開発のピテラを配合しているSk-2の名品。

ではそのピテラとは何か?についてお話していきましょう。

ピテラとは、特別な酵母由来の天然成分で、肌の中に本来存在する天然保湿因子(NMF)がお肌をうるおいで包むように処方されています。

特別な天然酵母と言われても何の酵母?と思われる方もいらっしゃると思います。

表示されている成分としては、「ガラクトミセス培養液」で、これはお米から取れる酵母なのだそうです。
日本酒の杜氏さんの手が美しいということに着目して、お米を主成分に取り入れようとする化粧品会社が多いことは皆さんもきっと実感なさっていると思います。

この酵母ですが、酵母の活動によってできる副生成物と、酵母そのものに含まれるアミノ酸やミネラル分、ペプチド等が微量ながら数多く含まれているのです。

この数多く含まれているミネラル分やアミノ酸と、ピテラの働きが絶妙に働きかけ合って、お肌を美しく導いていくように処方されているのがフェイシャルトリートメントエッセンス、というわけです。

成分全部をこちらに載せても、これだけ?と思われる方が多いと思いますが、載せてみましょう。

・ガラクトミセス培養液:これがピテラのことですね。

・BG:グリセリンには劣るものの、水分を吸収する働きや抗菌性を有しているので製品の保存性を高める作用もあり、グリセリンよりもさっぱりした使用感で皮膚への刺激がなく肌を保護する役割があり、乾燥から肌を守る目的の化粧品には多く配合されています。

・ペンチレングリコール:グリセリンなどと同様にさっぱりした感触の保湿剤です。

・水:その名のとおり、水です。

・安息香酸Na:殺菌作用は弱いものの、強い静菌作用(細菌などの微生物の繁殖を抑止する作用)があるので、他のパラベンなどと併用して使われることが多い防腐剤となります

・メチルパラベン:刺激も少なく安全性の高い防腐剤です。

・ソルビン酸:安全性の高い防腐剤です

数えてみると7つのみという、非常に少ない成分で構成されているSK-2フェイシャルトリートメントエッセンスですが、99%がピテラということで天然成分が主原料という点ではドモホルンリンクルと同じですね。

ドモホルンリンクルとSK2価格比較!どっちが安い?


では、次に価格を比較してみましょう!

ドモホルンリンクル保湿液の価格は

ドモホルンリンクルは、お試しキットが色々な種類があるので全部買ったらすごいお値段になるだろうなぁ、と思われている方も多いかもしれませんが、それは正直、否定しませせん。

美白したいとか、そういったことを考えるとアイテムが増えてしまうのは当然ですが、前にもお伝えしたように基本は保湿液、美容液、クリーム、保護乳液の4ステップですから、そんなに怯えることはありません。

保湿液のお値段ですが、120mlで5400円(税込)。「高いじゃーん!」と思われるかもしれませんが、これで2カ月分です。

すると1ヵ月は2700円ということですから、かなりのコスパのいい商品と言えます!

そのコスパを可能にするのは前にもお伝えした成分の数々と、使用量がなんと100円玉大でいいということ。

他の化粧品にも言えることですが、最初は砂漠状態のお肌で使用を始めたら多少多く使うことになり、2カ月もたないということもあり得ますが、お肌は応えてくれるものです。

このコスパを維持できるということは、専業主婦の方で自分のことにお金をかけづらいなぁという方にも安心してお使いいただけると私は思いました。

SK-2フェイシャルトリートメントエッセンスの価格は

こちらはもう、もともと高級感あふれる化粧水ですので調べるのもなんだか怖いのですが、調べました!
75ml入りで税込9180円でしたー!キャー!

他にも160ml18360円、230ml入りが23760円と大きなサイズもあるので、そちらだったらもしかしたら何かもちが違ったりするのでしょうか…。いや、コスパはよくなりますよね。でもとにかく、1回の使用量は500円玉大で、75ml…。一体どれくらいの期間持つのかがさっぱり見当がつきません。

でも、ピテラ効果は確からしいし、とりあえず何か臨時収入があった時にトライアルセットを試すのは悪くないかもしれませんね。

ちなみに、トライアルセットのお値段はフルラインで10692円(税込)です。

ドモホルンリンクルとSK2比較の結論

今回、特徴や成分及び価格を調べて比較してきたわけですが、私がオススメするのは、ドモホルンリンクル保湿液です!

理由1:一回の使用量が100円玉大でいい
理由2:一か月のコスパがなんと3000円以下!
理由3:4ステップで手軽にエイジングケアできる

というのが理由ですが、何よりもお財布に優しい、それが一番の理由でした。

また、ドモホルンリンクルをオススメするのは、じっくりゆったりとケアに充てる時間をとることが可能な気がしたから。

これはCMによる効果が大きいですが、100円玉大の保湿液を、いつまでもいつまでもビシャビシャつけるイメージってないですよね。

100円玉大ならば、じっくり肌に押し込んで、肌をいたわる時間を自分に取ってあげられるんじゃないかな、という期待をこめて、今回はドモホルンリンクル保湿液を熱烈にオススメします。

お試しは無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

現在ドモホルンリンクルのお試しセットがただで注文できちゃいます♪
(クレジットカード情報も入力する必要がありません。)

「ドモホルンリンクルは価格が高いから買えないけど、一度は使ってみたい。」

という女性はこの機会にぜひ一度試してみてくださいね。

ドモホルンリンクルを試してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です